HTC

で格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)可能?テザリングやGPSも使える?


HTCは格安SIM(MVNO)や格安スマホとして使える?キャリア別の機種一覧から、種類・型番ごとに乗り換え(MNP)端末をまとめました!

教えて君教えて君

HTCも種類があるけど、この機種から格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)は可能なのかな?

吉田あゆみ吉田あゆみ

格安SIM(MVNO)へ乗り換え可能かどうかは、機種や型番の種類によります。ドコモ・au・ソフトバンクの中でどのキャリアを使っているのかや、発売日・OSの種類によって手続きが異なります。

HTCといえば台湾のスマートフォンメーカーとして有名です。特にauでは人気機種の一つとなっており、最近では格安スマホ版も用意されています。

HTCのスマホは以前からau、ソフトバンクといった大手キャリアで数多く販売されていますが、HTCの端末を使って、

「格安SIM(MVNO)や格安スマホとして利用できるのか?」と、実際に乗り換え(MNP)する際に不安に感じられる方も多いですね。

そこで今回は、HTCのスマートフォンを使って格安SIMへ乗り換え(MNP)する際にありがちな疑問や、HTC端末を格安スマホとして使う方法をまとめました!

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    格安SIMでHTC端末を使う手順(方法)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    まずは、HTCで格安SIMを使うことができるのか、その方法と手順をまとめます。

    格安スマホ版とSIMロック版がある

    HTC端末には「格安スマホ版(SIMフリー)」と「SIMロック版」の2種類が存在しています。格安スマホとして購入したHTC端末はSIMフリー版となります。

    SIMフリーであれば、ほぼ全ての格安SIMを利用できます。

    もし、これからHTC端末を購入して格安SIM(MVNO)を使いたい場合であれば、

    格安SIM(MVNO)の端末セットとして売られている、いわゆる「格安スマホ」として販売されているHTC端末シリーズを購入しておけば間違いありません。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    LINEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    3.9
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    IIJmio(みおふぉん)
    イオンモバイル
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    docomo/Softbank
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    docomo回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    口座振替対応
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    低速モード最速
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    しかし、auやソフトバンクで購入したHTC端末で乗り換え(MNP)する場合、他社で通信ができないように「SIMロック」されているので注意が必要です。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    三大キャリアで発売されている携帯電話自体に細工がされており、他社のSIMカードは認識できないのです…。

    SIMロックされているHTCで格安SIM(MVNO)を使うには、

    1. HTCを購入した携帯キャリアと同じ回線の格安SIMへMNP
    2. MNP(解約)する際にHTCをSIMロック解除(SIMフリー化)する

    の2種類の方法があります。

    同じ携帯キャリアの格安SIMへMNP

    実は、格安SIMはdocomo、au、SoftBankと一緒の回線を使っています。現在のスマホと同じ回線の格安SIMに乗り換える(MNP)ならSIMロックのままでOK!

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    例えば、もしお手持ちのHTCがdocomoのSIMロックだった場合、ドコモ回線の格安SIMなら利用可能です!

    ところが、格安SIM会社(MVNO)のほとんどはドコモ回線を使っているので、auとSoftBankで販売されている機種だと、選べる格安SIM会社が限定されます。

    簡単にまとめると、このような形になります。

    • auで購入したHTCは、mineoなど一部の格安SIMで使える
    • ソフトバンクで購入した機種は、Androidは一部の端末を除いて利用不可。iOSであればSIMフリーiPhone(iPad)またはSIMロック解除後に利用可能。

    また、ドコモ以外の格安SIMの一部は、「一緒の回線なのにSIMロック解除が必須」のケースもありますので、実際に乗り換え(MNP)する前に確認が必要です。

    SIMロック解除してSIMフリー化する

    auやソフトバンクでHTCを購入された場合、選べる格安SIMが限定されます。

    しかし、SIMロック解除(SIMフリー化)という手続きを行うことで、SIMロックされたHTCをSIMフリー化することができます。

    格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)する際に店舗へ行き「SIMロック解除してください」とお願いするか、Webで申し込みをすることでSIMロック解除できます。

    ただし、SIMロック解除にはいくつか条件があります。代表的なのは2015年5月1日以降に発売日された機種じゃないとSIMロック解除できないことですね。

    docomo端末はSIMロック解除不要

    ドコモのAndroidであれば、基本的にSIMロックを解除する必要がありません。ほとんどの格安SIMはドコモ回線を使用しており、SIMロックのまま使えます。

    au端末はVoLTE用SIMのみ注意する

    au対応の格安SIMは、mineo(マイネオ)、UQモバイル、IIJmio(みおふぉん)などがあり、テザリングについても、ほとんどのAndroid端末で利用できます。

    ただし、格安SIMで「au VoLTE用SIM」を利用する場合は注意が必要です。
    ※「au VoLTE用SIM」=高音質通話(VoLTE)を可能にするSIMカードのこと

    × 格安SIMを利用できない

    2015年4月末までに発売された、au VoLTE用SIMのみ対応している端末

    △ SIMロック解除後に使える

    2015年5月1日〜2017年7月末の間に発売された、VoLTE SIMのみ対応の端末

    ◯ SIMロックのまま使える

    1. 2017年8月1日以降に発売された、全ての端末
    2. 2015年5月1日以降に発売された、au VoLTE用SIM以外の端末

    SoftBankは2017年8月1日以降の機種

    法改正によって、2017年8月1日以降に発売されたSoftBank版Androidであれば、SIMロック解除せずにソフトバンクの格安SIMへ乗り換え(MNP)できます。

    しかし、2017年7月末より前に発売されたSoftBank端末はSIMロック解除が必要です(ソフトバンク系の格安SIMへ乗り換え(MNP)する場合も同じです)

    2015年4月末までに発売された端末は、格安SIMへ乗り換え(MNP)できません。

    HTCで使えるおすすめ格安SIM

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    SIMロック解除することで、おおよその格安SIM(MVNO)が利用できるようになりますが、実際に私も使ってみて良かった格安SIMをいくつかご紹介します。

    1位: mineo(マイネオ) [総合No,1]

    mineo(マイネオ) [総合No,1]
    • 評価:4.5

    私もメインで使っています。ドコモ・au・ソフトバンク全キャリアが使える唯一の格安SIMで、格安SIMの弱点とされる速度が安定している点が人気の理由。

    料金は格安SIMの中では普通ですが、品質と値段のバランスは一番良いです。外出先でメールしたりサイトを見る程度なら、ストレスを感じません。

    GPSなども問題なく使えるので、大手キャリアとの違いが分からないでしょう。

    教えて君教えて君

    確かに悪くないね。あえて言うなら、もっと安い格安SIMも探せばあるよね?そことの違いは気になるかも?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    やはり通信速度の安定性ですね。マイネオは他社と比較しても総合評価が高く安定しています。月々数百円の違いで、速度が遅くなったり不安定になるのは困りますよね?特にコスパ重視で選ぶなら一番おすすめです。

    2位: LINEモバイル [SNS使い放題]

    LINEモバイル [SNS使い放題]
    • 評価:4.3

    LINEモバイル最大の特徴は、LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどのサービスが実質無制限で利用できるのと、LINEのID検索(年齢認証)が使える点です。LINEやSNSを多く使う方、特に学生さんにはメリットが大きいですね。

    教えて君教えて君

    (年齢認証!?出会い系アプリ使うなら、ここ一択だな)SNSが実質無料になる反面、料金は他社より高めだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    最近は回線速度も速くなっていますね。mineoなどと比較すると見劣りする印象ですが、SNS使い放題はメリットが大きいです。特に学生さんにおすすめでしょう。

    3位: UQモバイル [通信速度No,1]

    UQモバイル [通信速度No,1]
    • 評価:4.2

    数少ないau系のMVNO。格安SIMの中では最速と評価されている通信速度です。

    あのWiMAXを提供するUQコミュニケーションズの格安SIMなので、とにかく速度が早いのが特徴です。ちょっと嫌味なことを言うなら、KDDIグループが運営している格安SIMということで、少しばかり優遇されているんでしょう(笑)

    教えて君教えて君

    まぁ親会社がauってのは安心感があるよね。でも通信プランが3GB/月しかなかったり、ドコモ端末だとSIMロック解除が必要だったり、制約は多いよね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    私はmineoとの体感差は感じませんでしたが、ゲームなど速度にこだわりのある方や、au端末をお持ちの方、月々3GBのプランで問題ない方にはおすすめできます。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    mineo(マイネオ)
    4.5
    LINEモバイル
    4.3
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    4.1
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    イオンモバイル
    3.8
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    docomo/Softbank
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    docomo回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    口座振替対応
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    低速モード最速
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    それでは、HTCの機種ごとに利用可能か見てみましょう。

    SIMフリー版HTC機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    HTCのSIMフリー機は2種類あります。格安スマホとして販売されているケースや、格安SIMが使える端末が多く、これから購入を検討中の方にもおすすめです。

    HTC Desire EYE

    SIMフリー HTC Desire EYE

    HTC Desire EYEはHTCから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2015年冬春モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、スカーレット、マリーンがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは73.8x151.7x8.5 mmです。なお、SIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHTC Desire EYEで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC Desire 626

    SIMフリー HTC Desire 626

    HTC Desire 626はHTCから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2015年冬春モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、マカロンピンク、マリーンブルーがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1280x720、本体の実サイズは70.9x146.9x8.19 mmです。なお、SIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHTC Desire 626で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    au版HTC機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    auのHTCは9機種存在しています。VoLTE用SIMはSIMロック解除(SIMフリー化)のルールが発売日によって異なるため、乗り換え(MNP)する前に注意が必要です。

    HTC U11 HTV33

    au HTC U11 HTV33

    HTC U11 HTV33はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2017年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 7.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、サファイア ブルー、ブリリアント ブラックがあります。画面サイズは5.5 インチ、解像度は2560x1440、本体の実サイズは76x154x9.7 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除必須 (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC U11 HTV33で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC 10 HTV32

    au HTC 10 HTV32

    HTC 10 HTV32はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2016年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 6.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、カメリア レッド、カーボン グレイ、トパーズ ゴールドがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は2560x1440、本体の実サイズは72x146x10.1 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除必須 (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC 10 HTV32で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC J butterfly HTV31

    au HTC J butterfly HTV31

    HTC J butterfly HTV31はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2015年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 5.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ロッソ、シルク、インディゴがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は2560x1440、本体の実サイズは73x151x10.7 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除必須 (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC J butterfly HTV31で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC J butterfly HTL23

    au HTC J butterfly HTL23

    HTC J butterfly HTL23はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2014年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 4.4となっています。

    主なカラーバリエーションは、ルージュ、キャンバス、インディゴがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは70x145x10 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可 (nano-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC J butterfly HTL23で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC J One HTL22

    au HTC J One HTL22

    HTC J One HTL22はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2013年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 4.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ホワイトメタル、ブラックメタル、レッドメタルがあります。画面サイズは4.7 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは69x138x10.5 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可 (micro-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC J One HTL22で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC J ISW13HT

    au HTC J ISW13HT

    HTC J ISW13HTはHTCから発売された、auのスマートフォンです。2012年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 4.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、レッド、ホワイト、ブラックがあります。画面サイズは4.3 インチ、本体の実サイズは66x132x11.2 mmです。なお、SIMカードは利用不可となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC J ISW13HTで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC J butterfly HTL21

    au HTC J butterfly HTL21

    HTC J butterfly HTL21はHTCから発売された、auのスマートフォンです。2012年冬モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 4.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、レッド、ホワイト、ブラックがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは71x143x9.2 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可 (micro-SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC J butterfly HTL21で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    htc EVO WiMAX ISW11HT

    au htc EVO WiMAX ISW11HT

    htc EVO WiMAX ISW11HTはHTCから発売された、auのスマートフォンです。2011年春モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 2.2となっています。

    主なカラーバリエーションは、ブラックがあります。画面サイズは4.3 インチ、解像度は800x480、本体の実サイズは67x122x12.8 mmです。なお、SIMカードは利用不可となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのhtc EVO WiMAX ISW11HTで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC EVO 3D ISW12HT

    au HTC EVO 3D ISW12HT

    HTC EVO 3D ISW12HTはHTCから発売された、auのスマートフォンです。2011年秋冬モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 2.3となっています。

    主なカラーバリエーションは、ブラックがあります。画面サイズは4.3 インチ、解像度は960x540、本体の実サイズは65x126x13.5 mmです。なお、SIMカードは利用不可となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHTC EVO 3D ISW12HTで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    ソフトバンク版HTC機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ソフトバンク系HTCは全4機種ですが、iOS系の端末を除き、多くのAndroid端末で格安SIM(MVNO)が利用できません。乗り換え(MNP)前に確認しましょう。

    HTC U11

    SoftBank HTC U11

    HTC U11はHTCから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2017年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 7.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、アメイジング シルバー、ブリリアント ブラック、アイス ホワイトがあります。画面サイズは5.5 インチ、解像度は2560x1440、本体の実サイズは76x154x9.7 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不要となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHTC U11で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC Desire X06HT

    SoftBank HTC Desire X06HT

    HTC Desire X06HTはHTCから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2009年度冬春モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 2.1となっています。

    画面サイズは3.7 インチ、解像度は800x480、本体の実サイズは60x119x11.9 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHTC Desire X06HTで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC Desire HD 001HT

    SoftBank HTC Desire HD 001HT

    HTC Desire HD 001HTはHTCから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2010年度冬春モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 2.2となっています。

    主なカラーバリエーションは、ダークブラウンがあります。画面サイズは4.3 インチ、解像度は800x480、本体の実サイズは68x123x11.8 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可 (標準SIM)となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHTC Desire HD 001HTで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HTC Desire X06HTII

    SoftBank HTC Desire X06HTII

    HTC Desire X06HTIIはHTCから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2010年夏モデルということもありますが、搭載されているOSはAndroid 2.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ブラウンがあります。画面サイズは3.7 インチ、解像度は800x480、本体の実サイズは60x119x11.9 mmです。なお、SIMカードはSIMロック解除不可となっています。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHTC Desire X06HTIIで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、この冬、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    11月16日まで申し込みされた方限定で、月額料金が半年977円割引になるキャンペーンを実施中です。期間中なら、月々333円(税抜)から利用できます。

    しかも、要件を満たせば自動的に適用となるため複雑な手続きも不要です。

    2018年9月からソフトバンク回線も正式サポート。3キャリア対応はここだけ!

    この冬に乗り換え(MNP)を検討している方におすすめです。ほかのキャンペーンは、【2018年11月】格安SIM(MVNO)キャンペーン比較情報をご覧ください。

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。

    mineo(マイネオ)
    4.5
    LINEモバイル
    4.3
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    4.1
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    イオンモバイル
    3.8
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    docomo/Softbank
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    docomo回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    口座振替対応
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    低速モード最速
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
    パッと読むための見出し

      \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

      【2018年11月】おすすめ格安SIMキャンペーンmineo(マイネオ)公式へ