UQモバイルの評判評価やデメリットは?乗り換え体験感想レビュー!

UQモバイルの評判評価やデメリットは?乗り換え体験感想レビュー!
吉田あゆみ 吉田あゆみ
ざっくり言うと…
  • UQモバイルはauサブブランドの格安SIMで、お昼の混雑時も快適に繋がる
  • docomo・Softbankからの乗り換えが面倒。通話しない人には割高な場合も
  • 12時〜13時によくスマホを使う人や、店頭サポートを受けたい人におすすめ
関連
情報
【2018年12月】UQモバイルの申し込み・公式サイトはこちら
UQモバイルの評判評価やデメリットは?乗り換え体験感想レビュー!

UQモバイル(UQ mobile)の評判評価やデメリットを徹底検証!実際に使ってみて分かった良い点(メリット)や注意点・口コミや体験談をまとめました!

教えて君教えて君

CMで見たUQモバイルに乗り換えようと思ってるんだけど、自分に合っているのか、選んで後悔しないか不安。

吉田あゆみ吉田あゆみ

昼間など混雑している時間帯でも高速通信したい人、実店舗ショップでサポートを受けたい人におすすめです。

おそらくあなたは、

  • 「UQモバイルにすると、携帯料金が安くなるって本当?」
  • 「実際に乗り換えた評判や、デメリット・体験談を知りたい!」

などと考えて、このページにお越しいただいたと思います。

格安SIMの中では料金が高めですが、昼間などの混雑時でも安定した速度が欲しい人なら、UQモバイル(UQ mobile)は最初に検討すべき格安SIM(MVNO)です。

UQモバイルの料金表

月額料金は通話込1,680円から。大手キャリアより年間6万円も節約できます。

【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

しかし、UQモバイル(UQ mobile)を使う人によっては、デメリット・注意点も。

そこで、UQモバイルの特徴や口コミの評価・通信速度の実測などを検証し「乗り換える前に注意すべき人」から「それでもおすすめしたい人」をまとめます。

このページを読み終わる頃には、UQモバイル(UQ mobile)があなたにとって本当にベストな選択であるのか、自分自身で判断できるようになるでしょう。

最終更新:2018年12月12日(水)

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    本当に安い?UQモバイル(UQ mobile)料金シミュレーション

    UQモバイルのプランは、5分かけ放題や無料通話込の「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」とそれ以外の「データ高速プラン(+音声通話プラン)」が基本。

    おしゃべりプランとぴったりプランの違いを比較
    データ高速プラン・データ無制限プラン

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    おしゃべり・ぴったりプランは選べる容量が豊富。3GB以下なら「データ高速(+音声通話プラン)」が安いです。

    後述する「SIMカード」を挿し直せば、今使っているiPhoneやAndroidそのままで乗り換え(MNP)できますから、わざわざ新しい機種を買う必要もありません。

    これだけではイメージしにくいかもしれないので、auと比較してみましょう。

    UQモバイル(3GB)au(3GB)
    端末代なし(支払済)月額
    1,680
    (2年:40,320円)
    月額
    5,480
    (2年:131,520円)
    新規購入(iPhone8)月額
    4,731
    (2年:113,544円)
    月額
    8,738
    (2年:209,712円)

    内訳

    1. 端末代を払い終わったケースと、iPhone8(64GB)を新規購入の場合
      (UQモバイルのiPhone8は、SIMフリー版73,224円で購入の場合)
    2. auは「機種変更+ピタットプラン+2年契約」で毎月3GB利用する
    3. UQモバイルは「データ高速プラン(+音声通話プラン)」3GBプラン

    新しいiPhoneを買っても機種そのままでも、UQモバイルの方が半額になりましたね。auは2年縛りがあるので、2年後には10万円以上も損をする計算です。

    教えて君教えて君

    2年で10万円!?こんなに節約できたら旅行行けるわ…。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    大手キャリアの半額以下になるのが、格安SIM最大の魅力です!プランの選び方は後ほどしっかり解説します。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    そもそもUQモバイル(UQ mobile)とは?メリットや特徴は?

    教えて君教えて君

    そもそもUQモバイルって何?大手キャリアから乗り換え(MNP)したあと、突然繋がらなくなったりしない?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    格安SIMというサービスの一つで、携帯会社と同じ電波を使っていますから、圏外が増えることはありません。

    格安SIMの中では最高品質の回線速度

    UQモバイルは通信速度トップクラス

    UQモバイル(UQ mobile)は、au親会社のKDDIが運営している格安SIM(MVNO)です。auと同じ回線を利用しているため、全国ほぼ全てのエリアで繋がります。

    最大の特徴は、格安SIMの弱点とされる通信速度がキャリア並に速いこと。昼間などの混雑時も快適に繋がるので、格安SIMの中ではトップクラスの品質です。

    「とにかく1番速い格安SIM」を探している人は、必ず検討すべきMVNOです。

    家族割や学割が使える、珍しいMVNO

    UQモバイルの家族割・学割

    ただでさえ月額料金が安い上、速度も速いUQモバイルですが、格安SIMには珍しく「家族割」や「学割」といった家族向けの割引サービスも提供しています。

    「UQ家族割」は月額料金から500円割引。「UQ学割」はキャンペーン期間中に申し込んだ場合のみ年12,000円割引され、併用すると格安SIM最安値クラスに。

    よく電話する人向けの料金プランである「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」限定ですが、家族全員で乗り換え(MNP)を考えている人もおすすめです。

    全国に実店舗ショップがあるので安心

    UQモバイルは全国に店舗あり

    格安SIMといえば「店頭サポート(店舗)がないから心配」という声も多いです。

    UQモバイルはauの「サブブランド」ということもあり、auショップに隣接して全国展開されています。いざという時は店頭へ行けば相談に乗ってくれます。

    ほかにも「UQあんしんサポート」というオプションを月額350円で利用でき、自宅にいながらスマホの各種設定や、利用方法などのサポートを受けられます。

    [注意点] UQモバイル(UQ mobile)のデメリット感想レビュー

    教えて君教えて君

    格安SIMって混雑する時間帯は遅くなりがちだけど、1日中ストレスなく使えるのは凄い!昼間や夜でも安心だ。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    しかし、そんなUQモバイル(UQ mobile)にも公式サイトに書いていない、デメリットや注意点があります。

    au回線のみ可。端末や通信制限も注意

    格安SIMといっても、実際はキャリアと同じ電波を利用しています。UQモバイルはau回線のみ提供しているため、ドコモやソフトバンク回線は使えません。

    ドコモやソフトバンクからUQモバイルへ乗り換え(MNP)する場合、あらかじめSIMロック解除の手続きを行うなどの手間が増えるので、少し面倒になります。

    また、au回線ではiPhone/iPadではテザリングできなかったり、3日間の通信量が6GBを超えると低速通信に切り替わる「3日間制限」など特有のトラブルも。

    全キャリアに対応している格安SIMは?

    ドコモやソフトバンクからの乗り換え(MNP)なら、3キャリア全てに対応していて速度も安定している「mineo(マイネオ)」もおすすめします。

    基本のプランは3GBか低速無制限のみ

    UQモバイル(UQ mobile)の基本プランは、データ容量が3GBしか選べません。

    一応「データ無制限プラン」というのもありますが、こちらは通信速度が最大500kbps以下に制限されるもので、高速プランの1/10以下と非常に遅いです。

    無制限プランの中では比較的速い方ではありますが、いざという時に困るのでおすすめできません。毎月3GB以上使う人なら、基本プランは諦めましょう。

    あまり通話をしない人は割高なことも

    5分かけ放題がついた「おしゃべりプラン」か、無料通話分がついた「ぴったりプラン」であれば、増量オプションを使って通信量を21GBまで増やせます。

    しかし、あまり電話をしない人には割高なオプション。もしデータ容量が6GB欲しい場合、「おしゃべりプランM」だと13ヶ月目以降は2,980円になります。

    格安SIM(MVNO)だと6GBで2,000円弱が相場ですから、月1,000円は高いです。

    [口コミ] それでもUQモバイル(UQ mobile)に乗り換えた理由

    教えて君教えて君

    docomoを使っている人は乗り換えが面倒そうだなぁ。あと通話しない人は実質3GBプランだけなのも不便…。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    そこで、実際に使っている人にアンケート!デメリットを理解した上で、使い続けている理由をまとめました。

    通信速度トップクラス!昼間でも高速

    • 「昼休みに繋がらないのは嫌だったから。UQだと安定しています」
    • 「au親会社のKDDIが運営しているから、やっぱり安心感はあるね」

    UQモバイルは通信速度トップクラス

    格安SIMは料金が安い分、どうしても回線が混雑する時間帯(お昼や夕方など)の通信速度が極端に遅くなる傾向にありますが、UQモバイルは終日高速です。

    よく比較されるソフトバンクの「ワイモバイル」よりも速度が速いと評判です。

    少し専門的な話になりますが、UQモバイルはauのサブブランドでありMVNO(格安SIM)ではありませんから、親会社のKDDIがUQモバイルだけ優遇しています

    これについては格安SIM(MVNO)各社も総務省にクレームを出しているのですが、いち消費者としては「UQモバイルだけ特別に速い」認識で良いでしょう。

    au回線を使っている格安SIMは珍しい

    • 「格安SIMはドコモ向けばかり。auから乗り換えできる所は少ない」
    • 「今使っている機種で乗り換えできる格安SIMは、ここだけだった」

    UQモバイルはau系のMVNO

    格安SIM(MVNO)のほとんどはドコモ回線を使ってサービスを提供しています。そのため、auから乗り換え(MNP)できる格安SIM(MVNO)は限られています

    代表的なところだと、UQモバイル、mineo(マイネオ)iijmioなど数社のみ。mineoのauプランも優秀ですが、混雑時の速度はUQモバイルの方が高速です。

    そもそも選択肢が限られている中、お昼の時間帯も快適に使おうと思ったら、少し高くてもUQモバイルしか選択肢がないというのが現状となっています。

    かけ放題プランなら最大3GB〜21GB

    • 「電話をよくするから、おしゃべりプランで通信量を6GBにした」
    • 「他社は昼休みに繋がらなくて不便だった。UQだと安定している」

    UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプラン

    UQモバイルの基本プランだと通信量は3GBしか選べませんが、「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」に申し込むことで、最大21GBまで増やせます。

    具体的には「増量オプション(500円/月)」に申し込むだけです。2年目以降は実質14GBが上限ですが、それでも基本プランに比べると使い勝手が良いですね。

    (訂正:2018年12月1日以降、データ容量が増量されるので最大21GBのまま)

    電話をあまりしない人には割高になってしまう通話プランですが、5分かけ放題もしくは無料通話を検討されている人であれば、おすすめできる格安SIMです。

    口座振替対応!クレカなしでも使える

    • 「au系の格安SIM(MVNO)だと、口座振替が使えるのはここぐらい」
    • 「UQモバイルだと、クレジットカードがなくても申し込めたので」

    UQモバイルは口座振替に対応

    ほとんどの格安SIMは、基本的にクレジットカードがなければ契約できません。仮にできたとしても、条件が厳しいものばかりです(プロバイダー契約など)

    そんな中、UQモバイルは実質無条件に口座振替に対応している格安SIMとなっており、何らかの理由でクレジットカードを持っていない人でも申し込めます。

    au系の格安SIM(MVNO)だと、口座振替に対応してるのはUQモバイルのみ。Webもしくは全国の店頭窓口から手続きできるので、カンタンに申し込みできます。

    全国に店舗多数!電話遠隔サポートも

    • 「やっぱり店舗がないと不安。UQモバイルは家の近くにあった!」
    • 「設定が不安だったけど、あんしんサポートで全部やってくれた」

    UQモバイルは全国に店舗あり

    スマホに慣れていない人は、SIMカードの抜き差しや設定が不安だと思います。

    格安SIMによっては店舗をもたない会社も多いのですが、UQモバイルは全国に「UQスポット(UQ専売ショップ)」があるので、困った時には相談できます。

    また「UQあんしんサポート」というオプションを月額350円で利用でき、自宅にいながらスマホの各種設定や、利用方法などのサポートを受けられます。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    [料金表] UQモバイル(UQ mobile)の月額料金プランの選び方

    教えて君教えて君

    お昼でも速度が速いのは魅力的だよね。とくに今auのスマホを使っている人なら、そのまま乗り換えできるし。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    SIMロック解除などの手続き不要でカンタンですからね。月額料金プランの選び方についてもまとめました。

    音声通話プランは大きく分けて2種類

    UQモバイルの料金プランですが、ほとんどの人が以下どちらかを選んでます。

    1. 通話をよくする人向けプラン「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」
    2. 一般的な月額料金プランの「データ高速プラン(+音声通話プラン)」
    おしゃべりプラン・ぴったりプランデータ高速プラン(+音声通話プラン)
    通話SIM1,980 円 〜
    (3GB〜21GB)
    1,680 円 〜
    (3GBのみ)
    データSIM
    なし
    980 円 〜
    (3GBのみ)
    5分かけ放題
    おしゃべりプラン

    なし
    無料通話
    ぴったりプラン

    なし
    契約期間
    2年契約(自動延長)

    最低1年間

    結論から言うと「5分かけ放題/無料通話分がほしい」「データ量が3GB以上欲しい」のどれか一つでも該当する人は「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」

    それ以外の人なら「データ高速プラン(+音声通話プラン)」をおすすめします。

    おしゃべりプラン・ぴったりプラン?

    おしゃべりプランとぴったりプランの違いを比較

    おしゃべりプランは「5分かけ放題」がついたプランで、ぴったりプランは「無料通話分(30分〜180分)がついたプランです。その他の違いはありません。

    「どちらが良いのか」は使い方によりますが、ビジネスで使う人は毎回5分で通話を切るのは難しいと思うので、「ぴったりプラン」の方が人気があります。

    「プランS/プランM/プランL」の中から自分に合うプランを選びましょう。なお増量オプション(500円/月)を適用すると、データ量や無料通話分を増やせます。

    増量オプションをつけない場合

    増量オプションは最初の2年間は無料ですが、3年目からは月500円かかりますので、増量オプションをつけない場合は容量が減るので要注意。

    1. 通信量は「プランS=2GB」「プランM=6GB」「プランL=14GB」
      (2018年9月1日に実質のデータ量が増えたので、今後はこれです)
    2. おしゃべりプランの5分かけ放題は変更なし。ぴったりプランの無料通話は「プランS=30分」「プランM=60分」「プランL=90分」

    UQ家族割を適用させると500円割引になるので、家族での利用も便利ですね。

    ただし、おしゃべりプラン・ぴったりプランは「通話SIM」専用の料金プランですから、タブレットなどに使う場合は「データ高速プラン」を選びましょう。

    データ高速プラン+音声通話プラン?

    データ高速プラン・データ無制限プラン

    おしゃべりプラン・ぴったりプランは通話オプションがあるので、あまり通話をしない人には割高。「データ高速+音声通話プラン」の方が安くなります。

    電話番号がいらないタブレットなどは「データ高速プラン」を選びましょう。

    データ無制限プラン

    「データ無制限プラン」は速度が500Kbps固定と遅く料金も高いので、正直あまりおすすめできません。これならmineoの方が良いですね…。

    ただ、3GBしか選べない上に、家族割や学割・増量オプションは使えません。

    通話プランは結局どれを選べばいい?

    おしゃべりプラン・ぴったりプランについては複雑になっているので、最安値のプランS(2GB)を基準に、増量オプションと家族割の有無で表にしました。

    〜13ヶ月14ヶ月〜
    なし2GB
    1,980
    無料通話:30分
    2GB
    2,980
    無料通話:30分
    UQ家族割のみ2GB
    1,480
    無料通話:30分
    2GB
    2,480
    無料通話:30分
    増量オプション+家族割3GB
    1,980
    無料通話:60分
    3GB
    2,980
    無料通話:60分
    増量オプションのみ3GB
    2,480
    無料通話:60分
    3GB
    3,480
    無料通話:60分

    一方、データ高速+音声通話プランはシンプルで、「3GB:月1,680円」のみ。

    UQ家族割の月500円割引を使ったとしても、14ヶ月後は月2,480円となってしまうことから、月3GB以下に抑えれるなら「音声通話プラン」の方が安いです。

    以上を踏まえて「5分かけ放題/無料通話分がほしい」「データ量が3GB以上欲しい」のどれか一つでも該当する人は「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」

    それ以外の人なら「データ高速プラン(+音声通話プラン)」をおすすめします。

    解約手数料や違約金も注意して選ぼう

    UQモバイルの解約手数料・違約金

    ほとんどの格安SIMには、1〜2年間の最低利用期間が設定されています。キャリアと違って自動更新されることはなく、満了したらいつでも解約できます。

    UQモバイルも同じですが「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」か「データ高速プラン」か「データ高速+音声通話プラン」かによって、条件が異なります。

    おしゃべりプラン・ぴったりプランの解約手数料

    こちらは最低利用期間ではなく、大手キャリア同様に2年目契約で自動更新されます。更新月以外の解約には9,500円の解除料がかかりますので、要注意です。

    データ高速プラン(+音声通話プラン)の解約手数料

    データ高速プラン+音声通話プランは、1年以内に解約した場合に9,500円かかります。データ高速プランのみ(電話番号なし)は、最低利用期間がありません。

    [体験談] UQモバイル(UQ mobile)の評判評価(良い点/悪い点)

    実際に使った人の評判や感想を見てみても、格安SIMの中では料金が高いという声がある一方、昼間でも快適にネットに繋がるという点で人気がありますね。

    とにかく安い格安SIMを探している人より、どんな時間帯でも速度が速く、auからの乗り換えが簡単なところに魅力を感じて使っている人が多い印象でした。

    教えて君教えて君

    データ通信量の制限とか2年縛りとかのデメリットもあるけど、やっぱり通信速度は速いってことなんだなぁ。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    どの格安SIMも昼間は混雑しているので、このあたりの品質についてはauサブブランドだから為せる技ですね。

    ほか、お客様の声や口コミでよくある質問を、実際に体験レビューしました。

    UQモバイルだとメールアドレスは?

    UQモバイルに限らず、格安SIMに乗り換えると、@docono.ne.jp や @ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp などキャリアメールが使えなくなります。

    格安SIM(MVNO)の場合、Gmailなどのフリーメールを利用するのが一般的ですが、 UQモバイルでは月額200円で@uqmobile.jpのメールアドレスが使えます。

    ただ、今後もしUQモバイル以外へ乗り換えたいと思ったとき、UQモバイル専用のメールアドレスだと解約しにくいので、あまりおすすめはできません。

    対応機種や動作確認端末(スマホ)は?

    UQモバイルはiPhoneを初め、数多くのAndroid端末が対応機種として動作確認されています。以下手順で確認できるので、乗り換え前にチェックしましょう。

    UQモバイルの動作確認済スマホ確認方法

    1. 公式サイト>画面中央にある「動作確認端末一覧」を選択する
    2. 画面上部より「キャリア」やメーカー、もしくは端末名を入力
    3. 自分の持っているキャリアの機種があれば乗り換え(MNP)可能

    SIMロック解除やSIMフリーって何?

    もし今、ドコモやソフトバンク(ワイモバイル)の端末を使っている人でも、「SIMロック解除」という手続きを行えば、UQモバイルに乗り換えできます。

    UQモバイルのSIMロック解除について

    よく分からない人は、大手キャリアを解約(MNP)する時に「SIMロック解除してください」とショップの担当者に伝えましょう。最近の機種なら解除できます。

    関連記事

    ちなみに「SIMフリー」は携帯ショップ以外で購入した格安スマホのことです。これだとSIMロック解除は不要で、そのままSIMカードを挿し直せば使えます。

    iPhone(8/7/SE/6s)は?テザリングは?

    UQモバイルのiPhoneシリーズ

    iPhone 6s以降であれば、ドコモ・ソフトバンク関係なく乗り換えできます。iPhone XS(Max)やiPhone 8、iPhone 7、iPhone SE、iPhone 6sが動作済です。

    ただ、iOSだとiPhone 8以降でテザリングできません。これはUQモバイルに限らず、au回線を使った格安SIMの仕様です(Androidはテザリング可能です)。

    関連記事

    iPhone 8以降でテザリングするなら、UQモバイルは使えません。SIMロック解除してからdocomo/Softbank回線の格安SIM(マイネオ等)に乗り換えましょう。

    キャッシュバックキャンペーンとは?

    代理店経由でUQモバイルを契約すると、キャッシュバックキャンペーンが開催されている場合もありますが、評判が良くないので私は使いませんでした…。

    1. キャッシュバックの条件が厳しい(Broad WiMAX同時加入など)
    2. キャンペーンを受け取る時期になると電話が繋がらない(詐欺?)
    3. 申し込みしている最中なのに、突然音信不通になる代理店も多い

    大手キャリアからの乗り換え(MNP)は日割り請求ですから、解約日が遅くなるほど損になります。トラブルを避けるため、公式のキャンペーンを使いましょう。

    SIMのみ契約(購入)可?データSIMは?

    UQモバイルでは、SIMカードのみ購入(契約)も可能です。「LTE用nanoSIM」「LTE用microSIM」「VoLTE用SIM(mini/micro/nano)」から選べます。

    ちなみに「データ高速プラン」もしくは「データ無制限プラン」は、電話番号を持たないデータ専用SIMプラン。タブレットなどで使う場合は安く済みます。

    au回線では有料が多いSMS機能も、UQモバイルでは無料なので少しお得です。

    無制限や節約モードのテザリングは?

    データ無制限プランは、通信速度が最大500kbps以下と低速になるものの、月々のデータ容量が無制限になるプラン。もちろんテザリングも使えます。

    「節約モード」は、高速プランでありながら、専用アプリを使って低速通信(300kbps)に切り替えることで、その間の通信量が無制限になるものです。

    データ無制限プラン(500kbps)のテザリングは?

    実際にデータ無制限プランでパソコンにテザリングしてみると、LINEメッセージや通話、Instagram(インスタ)などSNSではストレスはありませんでした。

    YouTubeも気になる遅さはありませんが、低画質にしたほうがスムーズでした。

    節約モード(300kbps)のテザリングは?

    iPhone SEから「節約モード」を使ってパソコンにテザリングしてみましたが、こちらでもSNSやTwitter、LINE通話やInstagramでも遅く感じませんでした。

    ただ、高画質のYouTubeはたまに止まったりするので、低画質設定推奨です。

    海外でも使える?SIMの設定方法は?

    UQモバイル(UQ mobile)を海外で使うには、国際ローミングを使うか海外SIMを使う方法がありますが、海外SIMはUQモバイル(UQ mobile)では未販売です。

    そのため国際ローミングのみ使えますが、データ通信は使えないので要注意。特に申し込みなどは必要なく、端末側で設定するだけで使えるようになります。

    iPhone(iOS)海外ローミング設定

    1. 設定>キャリア>「自動」をオフにし、接続する事業者を選択
    2. 設定に戻り、モバイルデータ通信>「データローミング」をオン

    Android海外ローミング設定

    1. 設定>無線とネットワーク>その他の設定>モバイルネットワーク
    2. 通信事業者>「利用可能なネットワーク」から接続する事業者を選択

    沖縄でも使える?電波状況や店舗は?

    UQモバイル沖縄の電波状況・通信エリア

    (石垣島・西表島・与論島・久米島、宮古島・与那国島・与論島なども対応)

    UQモバイルの「サービスエリアマップ」(右上の「UQ公式サイト」→エリア」を確認すると、沖縄本島はもちろん、ほとんどの島が対応エリアとなってます。

    速度に関しても、本州とほぼ変わりなく速いという口コミや評判が多いです。

    ちなみに沖縄でUQモバイルを契約すると、契約先がUQモバイル沖縄株式会社になります。他県と同じau(KDDI)系列会社となっていますので、ご安心下さい。

    UQモバイル沖縄の主な店舗(UQスポット)

    コザ沖縄県沖縄市上地1−13−1
    TSUTAYA小禄沖縄県那覇市田原1−3−1 TSUTAYA 小禄店内
    サンエー与勝シティ沖縄県うるま市勝連南風原5111
    サンエー与勝シティ1F
    サンエー石川ショッピングタウン沖縄県うるま市石川赤崎 2−1−1
    サンエー石川ショッピングタウン1F
    サンエーしおざきシティ沖縄県糸満市潮崎町2−2
    サンエーしおざきシティ1F

    途中プラン変更できない?違約金は?

    少しややこしいですが、以下の組み合わせのみ、プラン変更が無料でできます。

    1. 「おしゃべりプラン(S/M/L)」「ぴったりプラン(S/M/L)」
    2. 「データ高速+音声通話」「データ無制限+音声通話」プラン
    3. 「データ高速プラン」「データ無制限プラン」(データ専用同士)
    4. 「データ高速+音声通話」「おしゃべり・ぴったり」プラン
    5. 「データ無制限+音声通話」「おしゃべり・ぴったり」プラン

    「おしゃべり・ぴったり」から「データ高速(無制限)+音声通話」へは変更できません。「通話SIMからデータSIM」「データSIMから通話SIM」も不可能です。

    簡単にいうと「データ通信SIM⇔音声通話SIM」と「2年契約のあるプラン2年契約のないプラン」へは変更ができず、解約(違約金)がかかるので要注意です。

    お問い合わせサポートの電話番号は?

    UQお客さまセンター(お客様サポート)へのお問い合わせは、メールやチャットサポート以外に電話でも受け付けています。分かりにくい場所に書いてますが。

    UQモバイル問い合わせ電話番号

    電話番号新規の方:0120-959-001
    ご契約中:0120-929-818
    ※どちらでも可
    通話料金無料(PHS/携帯電話でも可能)
    受付時間9:00~21:00 (年中無休)

    UQモバイルCMの女優(3姉妹)って誰?

    UQモバイルのCMは独特で面白いですよね。登場する女優さんは3姉妹設定となっており、長女は「深田恭子」次女は「多部未華子」三女は「永野芽郁」です。

    とくに三女の永野芽郁さんはネットでも話題になりました。NHK大河ドラマ「真田丸」では、豊臣秀頼の正室・千姫を演じお茶の間でも注目されました。

    2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」では、朝ドラヒロイン「楡野鈴愛」を演じ、今や国民的大女優といっても過言ではありませんね。

    [まとめ] こんな貴方はUQモバイル(UQ mobile)がおすすめ!

    UQモバイル

    正直にいいましょう。速度が1番速い格安SIMを探している人・昼間などの混雑時でも安定した速度が欲しいあなたに、1番おすすめなのはUQモバイルです。

    au親会社のKDDIが運営しているau系のMVNOで、格安SIMの中では最速と評価されている通信速度が人気の理由。回線品質だけで見るなら最も優れています。

    実店舗が全国にあるので、トラブルがあっても安心です。また格安SIMには珍しく口座振替払いに対応しているので、クレジットカードなしでも申し込めます。

    POINT

    1. 格安SIMトップクラスの回線速度で昼間も快適!親会社はau(KDDI)
    2. 月額500円割引のUQ家族割や、UQゼロ学割キャンペーンなど豊富
    3. auショップに隣接した店舗サポートや、口座振替も使える格安SIM
    教えて君教えて君

    やっぱり回線が速いのは重要だよね。クレジットカード決済も少し不安だったから、口座振替対応も嬉しいな。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    昼間など混雑している時間帯でも高速通信したい人、実店舗ショップでサポートを受けたい人におすすめです。


    実際の申し込み手順も解説しておきます。といっても、難しくはありません。

    UQモバイル申し込み手順

    1. 現在使っている携帯キャリアを解約し「MNP予約番号」を入手する
    2. 購入する機種・SIMカードの種類を選択し「新規お申込みはこちら」
    3. 住所やMNP予約番号などの必要事項を入力し、「この内容で確定」

    最短3営業日以内に「SIMカード」が届きますので、端末に挿し直せばOKです。同梱されている取扱説明書を読みながら設定していけば、5分もかかりません。


    当サイト経由の契約者数も増えており、

    • 「UQモバイルにしてから、スマホ代が月1600円ぐらいになった!」
    • 「auとの違いが全然分からない!お昼の時間帯もめちゃ速いです」
    • 「ガラケー時代の料金に戻って、ランチをちょっと贅沢できました」

    など嬉しい声がたくさん届いています。

    格安SIMへ乗り換えを検討している人なら、試して後悔することはありません。

    期間限定キャンペーンを行っている場合もあるのでチェックしてみましょう。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    iPhoneプロファイル(APN)設定方法

    1. 利用端末から、プロファイルをダウンロードiPhone 5/5s/5c版
    2. インストールする画面が開いたら「インストール」を選択する
    3. 「インストール完了」の画面が開いたら、設定は完了となります。

    Androidプロファイル(APN)設定方法

    1. 「設定」アプリを開き、その他の設定>「モバイルネットワーク」
    2. 「アクセスポイント名(APN/高度な設定)」を開き、右上の「+」
    3. 以下を入力して再起動すれば、ネットや通話が利用可能になります
    項目名入力内容
    名前uqmobile.jp (何でもOKです)
    APNuqmobile.jp
    ユーザーuq@uqmobile.jp
    パスワードuq
    認証タイプCHAP
    APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
    APNタイプdefault,mms,supl,hipri,dun

    my UQ mobileにログインできない時

    UQモバイル マイページ

    「my UQ mobile」は契約情報や通信量の確認などを行うことができます。ただし、UQモバイルを契約しただけでは「my UQ mobile」にログインできません。

    最初に以下の手順で新規登録を行う必要がありますので、確認してください。

    1. メールで届いた「新規お申し込み手続き完了のご案内」を用意
    2. my UQ mobile」(右上の「UQ公式サイト」→My UQ→my UQ mobile」を選択し、メールに書いてある受付番号を「ID」に入力
    3. 申し込み時に設定した4桁の暗証番号をパスワードに入力しログイン
    4. 新規ID登録画面が表示されるので、必要事項を入力して「完了」

    それでもUQモバイルにログインできない場合、ID/パスワードが間違っているか、もしシステムメンテナンス中なら、メンテナンス終了まで待ちましょう。

    UQ mobileポータルアプリの設定方法

    UQモバイルポータルアプリで容量節約

    「UQ mobile ポータルアプリ」はUQモバイルの無料アプリで、高速通信のターボモードと低速通信の節約モードを切り替えや、利用状況の確認ができます。

    1. App Store・Google Playで検索し、インストールする(無料です)
    2. アプリを起動し「設定」から、my UQ mobile IDとパスワード入力
    3. ログインに成功すると、現在のデータ通信量が表示されています。

    ギガ数が足りなくなったら、容量の購入(データチャージ)も簡単に行えます。

    増量オプションのデータチャージ方法

    キャンペーンで増量されるデータ通信量は「データチャージ機能」を使って自分で追加する必要があります。自動で追加されませんので、気をつけましょう。

    データチャージをする時には料金が発生しますが、月額料金からデータチャージ分の料金が割引ので、実質無料でデータ容量を増やすことができる仕組み。

    上で説明した「UQ mobileポータルアプリ」を使うと簡単にチャージできます。具体的には「アプリ起動>データチャージ>まとめてチャージ」するだけです。

    ポケットWiFi/WiMAXルーターの違い

    「ポケットWiFi」は広い意味でWi-Fiルーターとして呼ばれることも多いのですが、本来はワイモバイル(Y!mobile)のモバイルWi-Fiルーターの名称のことです。

    「WiMAX(UQ WiMAX)」は、UQが提供するモバイルWi-Fiルーターです。ポケットWiFiの261Mbpsと比べて、WiMAXの方は回線速度が440Mbpsと高速です。

    MNP転出(解約/機種変更)→SIMの返却

    大手キャリアからUQモバイル(UQ mobile)へ乗り換えや、UQモバイルで新しい端末に機種変更する場合、SIMカードを挿し直して設定すれば再び使えます。

    現在UQ mobileを使っており、別の格安SIMへ乗り換えする場合は「MNP転出(解約)」を行います。最低利用期間内なら解約金や、SIMカードの返却義務に注意。

    電話での手続きも可能ですが、UQモバイル公式でも行えるのでカンタンです。

    MNP転出の場合

    【my UQ mobile>ご契約内容>契約一覧照会/変更>他社乗りかえ】
    乗り換え先でMNP予約番号を登録したタイミングで自動解約となります。また、MNP転出手数料3,240円(税別)が引き落としになります。

    解約の場合

    【Tel:0120-929-818(9:00~21:00 年中無休)】
    UQモバイルの解約受付は「UQお客様サポートセンター」へ電話のみ。

    月額料金は日割りで計算され、オプション料金は満額で請求されます。なお、UQモバイルの場合はSIMカードの返送が不要です。各自で破棄してください。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。


    UQモバイルはau回線を使っている格安SIMで、auサブブランドの力として圧倒的に速度が速い点で評判です。昼間の時間に限って言えば。一番速いのは間違いなくUQ mobileでしょう。とにかく回線速度が速い格安SIMを探している人や、今auのスマホが使っている・auから乗り換えを考えている人におすすめ。

    パッと読むための見出し

      \ 2018年12月おすすめキャンペーン /

      【2018年12月】おすすめ格安SIMキャンペーンUQモバイル公式へ