auから格安SIMへ乗り換え(MNP)!au回線の注意点や、おすすめMVNO比較

auから格安SIMへ乗り換え(MNP)!au回線の注意点や、おすすめMVNO比較
吉田あゆみ 吉田あゆみ
ざっくり言うと…
  • au回線を使った格安SIMのメリットやデメリット、正しい選び方などを紹介
  • 乗り換え(MNP)する前に、テザリング状況やVoLTE対応を必ず確認すること
  • 通信速度や料金、オプションなど踏まえたおすすめの格安SIMを徹底比較!
結果
発表
【2018年11月】au回線のおすすめ格安SIMランキング1位は?
auから格安SIMへ乗り換え(MNP)!au回線の注意点や、おすすめMVNO比較

au系MVNOのおすすめ格安SIMまとめ!iPhoneでも乗り換えできる?SIMロック解除は必要?テザリングは可能?などの疑問も解説します!

教えて君教えて君

今使っているauのスマホを使って、格安SIMに乗り換えたいんだけど、いくつか種類があって悩むなぁ。

吉田あゆみ吉田あゆみ

auから乗り換えるなら、au回線を使った格安SIMがおすすめです。違いをしっかり把握してから選びましょう。

おそらくあなたは、

  • 「auから格安SIMに乗り換えたいけれど、気をつけることはある?」
  • 「au回線を使った格安SIMを使いたいけど、どう選べば良いかな?」

などと考えて、このページにお越しいただいたと思います。

格安SIM(MVNO)といっても、実際は大手キャリアと同じ電波を使っています。auから乗り換えするなら、au回線を使った格安SIMを選べば問題ありません。

しかし、対応機種によってはテザリングできなかったり、SIMロック解除が必要になることもあります。最悪、申し込んだ後にSIMカードが使えないことも…。

そこで、au系格安SIM(MVNO)のメリットやデメリット・注意点を解説し、auからの乗り換え(MNP)におすすめな格安SIMをランキング形式で徹底比較します。

このページを読み終わる頃には、auの月額料金を節約したいあなたにピッタリの格安SIMが分かった上で、スムーズに乗り換え(MNP)できるようになります。

最終更新:2018年10月30日(火)

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    auから格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)するメリットは?

    教えて君教えて君

    格安SIMにはAプランやDプランがあるけど、au回線ってAプランのことだよね。ドコモ回線と違いってあるの?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    au回線だからこその利点があるんですよ。速度重視の方やau版Androidを持っているならメリットが多いです。

    乗り換え後もauのエリアで通信できる

    そもそも格安SIMは、大手キャリアと同じ回線を使っています。auから格安SIMに乗り換え(MNP)したからといって、圏外が増えることはありません。

    auを使っている人なら、乗り換えた後にストレスを感じることはありません。

    ただ、auとdocomoでは通信できるエリアが違います。やはりドコモと比べると山奥などで繋がりにくい場合もあるので、電波が届かない地域の人は要注意。

    docomo回線より通信速度が速く快適

    格安SIM(MVNO)のほとんどはドコモ回線を使っています。docomo系と比較すると、利用者が少ないだけ回線が混み合わず、通信速度が速い傾向にあります。

    高画質の動画視聴やテザリングを使うなど、速度にこだわる人に向いています。

    auからの乗り換えで今の端末を利用可

    auキャリアからの乗り換え(MNP)なら、今使っている端末のまま乗り換えられることが多いです。新しい機種を買う必要がないため、かなり節約になりますね。

    ただ、使っている端末によってSIMロックの解除が必要になることがあります。

    SMSオプションの料金が無料でお得!

    「SMSオプション」とは、データ通信SIMでもショートメッセージを送れる機能のことです。docomo系の格安SIMだと、追加料金として150円ほどかかります。

    これはLINEやTwitterの認証で必要となることが多く、かなり申し込む人が多いオプションなのですが、au系の格安SIM(MVNO)なら無料となっています。

    auから格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)するデメリットは?

    教えて君教えて君

    速度が速いのは良いね!auキャリアのスマホを使っているなら、au系の格安SIM(MVNO)を選べば良さそうだ。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    確かに、auキャリアからの乗り換え(MNP)にピッタリなのですが、デメリットや注意点もあるんです。

    VoLTE用SIMはSIMロック解除必須?

    auにはSIMカードが2種類あります。「通常のSIM」と「VoLTE SIM」です。

    通常のSIMカードとVoLTE SIM

    2017年8月1日より前に発売された「VoLTE SIM」専用のau端末を使って、格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)するには、事前にSIMロックの解除が必要です。

    VoLTEとは、auのLTE回線で音声通話できるようにしたサービスのことです。今まではCDMA2000という特殊な通信方式でしか音声通話ができませんでした。

    しかし、

    1. VoLTE "対応済" の端末は、「VoLTE SIMカード」のみ使える
    2. VoLTE "未対応" の端末は、「通常のSIMカード」のみ使える

    といった特徴があり併用もできません。また、格安SIMによっては通常のSIMだけ提供していたり、逆にVoLTE SIMだけ提供しているのでややこしいです…。

    データ通信量の「3日間制限」に注意

    au回線の格安SIMは「3日間制限」が設定されているものがほとんどです。これは3日間のデータ通信量が多いと、一定期間だけ通信制限になってしまうもの。

    au回線とdocomo回線の両プランを提供している格安SIMでも、auのプランだけ3日制限があることも珍しくありません。

    短期間で大量のデータ容量を消費する人には、使いにくいかもしれません…。

    対応済の端末(機種)やMVNOが少ない

    格安SIMを提供する会社は年々増えていますが、まだまだdocomo系MVNOのほうが圧倒的に多く、au回線のプランを提供していない会社がほとんどです。

    対応機種の少なさも弱点の1つです。KDDIが特殊な通信方式を使っているため、SIMフリー端末でも対応していないことがあります。注意してください。

    iPhone/iPadではテザリングできない

    au系MVNOは、Androidでテザリングできますが、iPhone(iOS)はできません。iPhoneやiPadでテザリングするなら、au系の格安SIMは諦めるしかありません。

    auで買ったiPhoneでテザリングするなら、SIMロック解除してから、ドコモ回線かソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)する必要があります。

    関連記事

    au回線の格安SIMへ乗り換え(MNP)する失敗しない選び方は?

    教えて君教えて君

    確かに、VoLTEはややこしいなぁ。ほかにも3日制限に対応端末、テザリング…。気をつけないといけないね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    SIMフリーであればドコモ回線も使えますが、とくにau版Androidは選択肢が少ないです。しっかり特徴を理解してから選ばないと、後悔することになるでしょう。

    サービスの比較は料金や速度などで

    auに限らず格安SIMを選ぶときの基本ですが、料金プランやコスパ・通信速度・顧客満足度といったスペックを比較して、自分にあったものを選びましょう。

    実際に使ってみた結果、失敗しない格安SIM(MVNO)を選ぶコツは、「料金プランが自分にあっていて、通信が安定している・回線速度が速いこと」です。

    これを考えず、適当に格安SIM(MVNO)を選んでしまうと後悔するでしょう…。

    SIMカードと機種の対応を確認しよう

    今まで使っていたau端末に格安SIMを挿して使う場合、対応機種をかならず確認してください。VoLTE SIMの相性もあり、対応可否が複雑になっています。

    とくに、通常のSIMとVoLTE SIMのどちらが使えるのかよく確認してください。

    2017年8月1日より前に発売された「VoLTE SIM」専用のau端末を使って、格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)するには、事前にSIMロックの解除が必要です。

    格安SIMの公式サイトにある、「動作確認端末」を見てみるのが1番確実です。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    UQモバイル
    4.5
    IIJmio(みおふぉん)
    4.2
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    イオンモバイル
    3.9
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    乗り換え(MNP)後も端末保証で安心

    古いau端末をそのまま使って乗り換え(MNP)するなら、端末保証オプションも検討しましょう。古いスマホだと、すぐに壊れてしまうかもしれません。

    もし端末保証オプションのある格安SIM(MVNO)に乗り換えた場合、スマホが故障したときに、5,000円など格安で新しい機種に交換してもらえます。

    SIMロック解除が面倒なら新規購入も

    「au端末をそのまま使って乗り換え(MNP)したいと思っていたけど、なんか面倒そうだ」と感じている人は、思い切ってスマホを新調するのも良いでしょう。

    格安SIMとセット販売なら、VoLTE用など難しいことを考えなくてもOKです。

    スマホの新調を予定しているなら、格安SIMを選ぶ時点でセット販売があるところをチェックしておきたいですね。キャンペーン中の格安SIMも多いです。

    au系格安SIM人気ランキング!乗り換え(MNP)時のおすすめは?

    教えて君教えて君

    いろいろと制約はあるけど、公式サイトで対応機種さえ確認すれば、後はすんなり決められそうだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    対応の可否は忘れずに行いたいところです。その上で、au系格安SIMのおすすめランキングを見てみましょう。

    1位: mineo [品質と価格のバランス]

    mineo(マイネオ)

    mineoは、Aプラン(au回線)とDプラン(docomo回線)のマルチキャリアに対応し、通信速度も速く安定しているのことから、最もコスパに優れた格安SIMです。

    料金プランは0.5GBから30GBまであり、10分かけ放題などオプションも充実。

    「持込み端末安心保証サービス」があるため、乗り換え(MNP)時にauの端末をそのまま使えます。対象機種かは保証可能端末のページで確認してください。

    余ったデータ量は翌月へ繰越もできたり、友達同士でデータを分け合える「パケットギフト」、最低利用期間・違約金がないという点も人気の理由です。

    mineo(マイネオ)は顧客総合満足度第1位

    データ容量を消費する「高速モード」と消費しない「低速モード」を自由に切り替え可能な「mineoスイッチ」は、他社と違って瞬時に反映される点も特徴。

    格安SIMの弱点とされる回線速度も安定していて、顧客満足度は常にトップクラス。auから格安SIMに乗り換えるなら、まず最初に検討すべき格安SIMです。

    なお、mineoに限ったことではありませんが、au版のiPhoneやiPadでテザリングする場合は、SIMロック解除してDプラン(docomo)を契約する必要があります。

    POINT

    1. 低価格なのに通信速度とオプションが優秀で、コスパ良好。
    2. 端末保証サービスで、古い端末でも安心して乗り換え(MNP)可能。
    3. セット販売が豊富だから、スマホを新しくしたい方でも満足。
    教えて君教えて君

    速度や価格はやっぱり重要だよなぁ…。通話代の節約やセキュリティ、トラブル時のサポートなども便利だね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    元々mineoは、au回線のみ提供している格安SIMでした。今もau系の格安SIMとして広く認知されています。

    2位: UQモバイル [速度とテザリング]

    UQモバイル

    UQモバイルの通信速度は、速いと言われるau回線のなかでもとくに高速です。

    SIMロック解除されていないau版iPhoneで、テザリングできる唯一の格安SIMでもあります。テザリングの対応機種はiPhone 6s以前で、iPhone 7以降は不可。

    持ち込み端末を保証するオプション「つながる端末保証」もあるので安心です。

    「端末補償サービス」というオプションもありますが、こちらはUQモバイルの端末だけが対象のため注意してください。

    教えて君教えて君

    やっぱり通信速度は大切だよね。UQモバイルはそれだけじゃなくて、端末保証サービスもあってうれしいね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    料金プランが少なく高いので、総合的に見るとmineoに一歩劣る印象ですが、それでも優秀な格安SIMですね。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    3位: IIJmio [安定した通信速度]

    IIJmio(みおふぉん)

    ドコモ/auどちらも対応してるマルチキャリアの格安SIMです。au回線の「タイプA」は通信速度や安定性のバランスが良く、業界シェアもトップクラスです。

    端末保証オプション「つながる端末保証」もあるため乗り換え後も安心です。ただ、あまり特徴が無いので、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

    IIJmioはVoLTE SIMのみの提供で、通常のSIMがないためご注意ください。

    教えて君教えて君

    IIJmioは格安SIMについて調べてるとよく聞く名前だね。それだけ品質が良いってことなのかな。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    IIJmioも通信速度が優秀な格安SIMですが、VoLTE SIMしかないため、対応機種が少ないのは残念ですね。

    4位: BIGLOBEモバイル [電話利用◎]

    BIGLOBEモバイル

    BIGLOBEモバイルもマルチキャリアに対応しており、au回線は「タイプA」。かけ放題や独自の留守電サービスなどがあり、電話をよく使う方におすすめです。

    端末保証は「BIGLOBE SIM端末保証サービス」がありますが、Android端末のみ対象で、iPhoneでは適用されないため注意してください。

    また、BIGLOBEモバイルもVoLTE SIMのみの提供で、通常のSIMがありません。

    教えて君教えて君

    電話オプションが豊富なのは便利だね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    保証がないことから、iPhoneの乗り換えには不安がありますけど、電話関係では非常に優秀な格安SIMです。

    5位: イオンモバイル [店舗サポート]

    イオンモバイル

    やはり、全国のイオン店舗でサポートしてもらえるサービスは魅力の一つです。

    テザリングやVoLTEなどがややこしいau系MVNOだからこそ、店頭サポートを受けられるのは重要です。最大50GBとデータ容量が豊富な点もうれしいですね。

    端末保証はオプションの「イオンモバイル持ち込み保証」がありますが、WindowsとAndroid機種のみが対応のため気をつけてください。

    教えて君教えて君

    イオンは近くにあるから、店頭に行けるのは良いね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    店頭サポートの充実から、シニア層にもおすすめです。

    [比較表] au系格安SIM徹底比較!乗り換え(MNP)の注意点も解説

    続けて、au系MVNOの格安SIMの比較表を作成しました。参考にご覧ください。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    UQモバイル
    4.5
    IIJmio(みおふぉん)
    4.2
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    イオンモバイル
    3.9
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    通信速度

    高速バースト
    通信速度

    トップクラス
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    料金プラン

    パケットシェア
    料金プラン

    基本3GBのみ
    料金プラン

    ファミリーシェア
    料金プラン

    動画見放題
    料金プラン

    大容量(50GB)可
    サポート

    全国に店舗あり
    サポート

    全国に店舗多数
    サポート

    全国に店舗あり
    サポート

    全国に店舗あり
    サポート

    全国イオンで対応
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    最安値水準
    mineo(マイネオ)
    4.8
    UQモバイル
    4.5
    IIJmio(みおふぉん)
    4.2
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    イオンモバイル
    3.9
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    こうして比較すると、mineo(マイネオ)は通信速度やオプション、価格などさまざまな面で使いやすいことが分かります。

    au回線の格安SIM(MVNO)を選ぶときは、まず通常のSIMとVoLTE SIMのどちらが使えるのかを確認してください。確実なのは公式サイトをチェックすること。

    そのあとは、料金や速度、データ容量など、格安SIMを選ぶ上で基本的な要素を比較してみましょう。乗り換えなら端末保証サービスも見ておきたいですね。

    教えて君教えて君

    やっぱりmineoは性能が高くてコスパが良い感じだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    通信速度が速いUQモバイルも良いですね。ただし、mineoと比べるとオプションが少ないというデメリットがあるためよく考えたいですね。

    [まとめ] こんな貴方におすすめしたい!au回線格安SIM(MVNO)

    mineo(マイネオ)

    いくつか紹介しましたが、auから格安SIMに乗り換えたいあなたに、1番おすすめできるのはmineo(マイネオ)です。

    通信速度や料金プラン、オプションの充実具合など、どんな方でも使いやすい格安SIMだからです。もし乗り換えなら、端末保証サービスもうれしいですね。

    POINT

    1. 通信速度やオプション、価格のバランスが良く誰でも使いやすい。
    2. 端末保証サービスで、古いスマホが故障したら交換してもらえる。
    3. セット販売の機種が豊富で、スマホの新調をお得にできる。

    実際に私も3年ほど使っています。当サイト経由の契約者数も増えており、

    • 「料金が高いauから、格安SIMにスムーズに乗り換えできました」
    • 「品質や保証が充実したau回線の格安SIMが見つかって満足です」

    など嬉しい声がたくさん届いています。

    格安SIMへの乗り換えを検討中の人なら、試して後悔することはありません。

    期間限定キャンペーンを行っている場合もあるのでチェックしてみましょう。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    UQモバイル
    4.5
    IIJmio(みおふぉん)
    4.2
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    イオンモバイル
    3.9
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、この冬、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    11月16日まで申し込みされた方限定で、月額料金が半年977円割引になるキャンペーンを実施中です。期間中なら、月々333円(税抜)から利用できます。

    しかも、要件を満たせば自動的に適用となるため複雑な手続きも不要です。

    2018年9月からソフトバンク回線も正式サポート。3キャリア対応はここだけ!

    この冬に乗り換え(MNP)を検討している方におすすめです。ほかのキャンペーンは、【2018年11月】格安SIM(MVNO)キャンペーン比較情報をご覧ください。

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。


    auに限らず、携帯キャリアから格安SIMに乗り換えるメリットは、なんといっても毎月の料金が大幅に安くなること!もしau端末をお持ちの方は、「au系格安SIM」から探すのがベストです。auキャリアのユーザーは9,000円以上かかっていますが、格安SIMなら1,000~2,000円まで大幅に節約できますよ!

    パッと読むための見出し

      \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

      【2018年11月】おすすめ格安SIMキャンペーンmineo(マイネオ)公式へ