家族割引だけで格安SIMを選ぶと危険?子供,学生,夫婦,シニア向け比較

家族割引だけで格安SIMを選ぶと危険?子供,学生,夫婦,シニア向け比較
吉田あゆみ 吉田あゆみ
ざっくり言うと…
  • 学割や家族割引だけで選ばないよう、子供や学生・夫婦やシニア別に解説
  • キッズ(子供)向けはフィルタリングや、シニア向けは手続き簡単な機種を。
  • 子供(学生)やシニア向け人気格安SIMや、家族向けおすすめ格安SIMを比較!
結果
発表
【2018年11月】家族向けにベストな格安SIMランキング1位は?
家族割引だけで格安SIMを選ぶと危険?子供,学生,夫婦,シニア向け比較

家族で使える格安SIMの選び方とは?家族向けのデメリットや、子供(学生)やシニア向け・家族割引や学割がお得な格安SIMを徹底比較!

教えて君教えて君

家族で格安SIMに乗り換えようと思うんだけど、家族割や家族向けのサービスが豊富な格安SIMってどこかな?

吉田あゆみ吉田あゆみ

家族向けといっても子供からシニア世代まであり、割引の安さだけで飛びついてしまうと後悔するでしょう。

おそらくあなたは、

  • 「子供やシニア世代の両親と、お得な格安SIMに乗り換えたい!」
  • 「家族割引や学割がお得な、家族向けのおすすめ格安SIMはどこ?」

などと考えて、このページにお越しいただいたと思います。

確かに、家族みんなで同じ格安SIMに乗り換えれば、家族間通話の割引や通信量シェアなど、大きなメリットがあります。

しかし、安く提供する代わりに通信速度が遅いなど、割引されてもその恩恵を感じにくい格安SIM(MVNO)もあります。

そこで、格安SIM各社の割引制度や、子供やシニアでも安心して使える格安SIMに焦点を当てて、家族向けにどの格安SIMがお得で使いやすいか見ていきます。

この記事を読むことで、あなたの家族にぴったりな格安SIMが見つかります。

最終更新:2018年11月12日(月)

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    家族向け格安SIMの意外なデメリット

    教えて君教えて君

    格安SIMって、どこも似たようなサービスだよね。家族向けに乗り換え(MNP)しても、問題なく使える?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    格安SIMもいろいろです。まず家族みんなで格安SIMに乗り換えした場合の、注意点やデメリットを解説します。

    乗り換え(MNP)の転入は名義変更必要

    格安SIMを家族で使う場合「1人の名義人が複数回線契約する」形が基本です。

    家族それぞれが格安SIMと契約するのではなく、「親などの名義で1人だけ契約し、SIMカードを複数枚発行して、そのカードを家族で分ける」形になります。

    家族それぞれが今使っている、ドコモやau・ソフトバンクの契約者を、あらかじめ格安SIMの名義となる人へ変更しておくと、手続きがスムーズになります。

    通信量を使いすぎると連帯責任になる

    親などの名義に統一するということは、1人の契約者のデータ容量を家族全員でシェアすることになりますので、一人ひとりが自由なプランを選べません。

    家族の誰かが通信容量を使いすぎてしまうと、家族全員が巻き添えになって、まともに通信できなくなってしまいます。余裕を持ったプランを選びましょう。

    家族間通話やメールは割引のみで有料

    また、大手キャリアだと無料の家族間通話やメールは、格安SIMでは有料です。

    せいぜい割引される程度ですので、家族との通話やメールが多い方は要注意です。これまでと同じような使い方でも安くなるのか、料金を見て考えましょう。

    家族全員がスマホなら、LINEやSkypeで代用すれば無料で連絡できますね。

    家族で使える格安SIMの選び方とは?

    教えて君教えて君

    家族向けだからって、適当に選ぶわけにはいかないね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    家族みんなで格安SIMに乗り換え(MNP)した後に後悔しないよう、家族向けの格安SIMの選び方をまとめます。

    料金プランが豊富な格安SIMを選ぼう

    家族割引はパケットシェアが前提です。誰かの使いすぎで容量が不足しないために、一人で申し込むより余裕のある通信容量で契約する必要があります。

    大容量プランがないところや、料金プランの種類が少ないところは避けるべきです。家族それぞれの希望に添えるプランがある格安SIMを選びましょう。

    通信速度も注意し安さだけで選ばない

    家族割引があるからといって適当に選んでしまうと、後悔することになります。

    格安SIMによっては速度が遅すぎたり、通話品質が値段と見合わなかったりする「安かろう悪かろう」なところもあります。とくに通信速度には要注意です。

    ただ、格安SIMの電波(バックボーン)はdocomoやau、ソフトバンクなど大手キャリアと同じものを使っているので、圏外が増えるトラブルはありません。

    どこの格安SIMが安定しているのか?などは、この記事の後半で解説します。

    キッズ(子供)向けはフィルタリングも

    子供に携帯を持たせる場合は、悪質なアプリやサイトにアクセスできないよう注意しなければなりません。それらも格安SIMによってはサポートしています。

    とくに小〜中学生といった低年齢であれば、有害サイトへのアクセスを規制する「ページフィルタリング機能」のある格安スマホがおすすめです。

    ほかにも、事件や事故に巻き込まれていないか所在地を確認するためのGPS、ゲームのしすぎを防ぐ利用時間制限なども備わっていると安心です。

    シニア向けは手続き簡単な機種を選ぶ

    ご自分の両親など、シニア向けにスマホや携帯電話を渡す場合は「簡単に操作ができて、画面サイズが大きく文字が見やすい」機種を選びましょう。

    また、わからないことがあったらすぐに質問できるよう、家の近くにサポート店舗のある格安SIMがおすすめです。乗り換えた後でトラブルがあっても安心。

    家族に学生(子供)がいる場合は学割も

    大手キャリアに多い学割ですが、格安SIMによっては学割プランもあります。

    しかし、もともと格安SIMは割安ですから、学割があってもそんなに大きな値引きではありません。格安SIMを選ぶ上での重要な判断材料にならないでしょう。

    家族におすすめ!子供(学生)やシニア向け格安SIM人気ランキング

    教えて君教えて君

    通信速度や料金プランには注意しなくちゃいけないね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    その上で、家族向けのおすすめ格安SIMを紹介します。

    1位: mineo [子供やシニア向けも多数]

    mineo(マイネオ)

    mineo(マイネオ)は、子供や学生・シニア向けのサービスが充実しています。

    子供や学生向けの「ジュニアパック」では、セキュリティー対策やフィルタリング、学習にも役立つ辞書などのアプリ11個が月額200円(税抜)で使えます。

    「シニアパック」も、防災情報のお知らせやフリック操作上達アプリ、バッテリー管理など、スマホを簡単に操作できるアプリ11個が月額200円(税抜)です。

    また、自宅まで出向いてくれる「訪問サポート」という頼もしいサービスがあるので、近くにサポート店舗がなくて不安に感じていた方にもおすすめです。

    通信速度も安定していて顧客満足度も常にトップクラス。これから家族全員で格安SIMに乗り換えるなら、まず最初に検討すべき格安SIMと言えるでしょう。

    POINT

    1. ジュニアパックやシニアパックなどサービスが充実している
    2. 訪問サポートがあるので、お年寄りでもサポートを受けられる
    3. 通信速度が安定していて、顧客満足度は常に上位にランクイン
    教えて君教えて君

    子供向け機能も豊富で、訪問サポートは家から出たがらない婆ちゃんでも安心。よく考えられたサービスだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    細かなところにまで手の届くサービスを提供していて、顧客満足度では常に上位にランキングされています。格安SIMにありがちな通信トラブルもありません。

    2位: TONEモバイル [子供シニア特化]

    TONEモバイル

    TONEモバイルには、子供やシニア世代に特化した格安SIMとなっています。

    「TONE見守り」は、現在地やアプリ利用状況、乗り物移動の通知、特定の場所に着いたらスマホ利用をロックするなど、子供の状況を細かく確認できます。

    「TONEファミリー」「お迎えナビ」といったキッズ向けのサービスも充実。

    通信速度が遅いというデメリットはありますが、月額1,000円で子供やシニア向けのサービスを利用できるので、通信速度のこだわりがなければおすすめです。

    教えて君教えて君

    フィルタリングとかのサービスが豊富で便利だね!

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    お子様が幼稚園児や小学校低学年だったり、速度が遅くても気にならない方なら、おすすめの格安SIMです。

    3位: イオンモバイル [全国イオン取扱]

    イオンモバイル

    全国に店舗があるイオンがサポートしているというのは大きなメリットです。
    どこでもサポートが受けられて値段も業界最安値なので、初心者にも最適です。

    教えて君教えて君

    我が家の近くにイオンあるしちょうどいいかも?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    イオンというブランドに安心感を持つ人も多いですし、料金も格安SIMの中では最安値クラスとなっています。

    家族割引や学割でお得に使える!格安SIMおすすめ人気ランキング

    教えて君教えて君

    子供やシニア向けのサービスについてはわかったけど、費用の面で見たらどうなんだろう?家族割引とか。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    家族割引や学割のある格安SIMもいろいろありますが、割引率だけで選ぶと失敗しがちなので注意しましょう。

    1位: mineo [複数割やパケットシェア]

    mineo(マイネオ)

    mineoの家族割引は5回線まで使えるうえに、離れて暮らす家族にも適用されます。結婚して姓が変わった場合でも加入できるなど、利点が多くなっています。

    複数の端末で利用している場合に適用される「複数回線割」もあり、特に申し込みなどしなくても使えてお得。利用開始日の翌月からの自動適用になります。

    また、ドコモとauのマルチキャリアに対応した、データ通信量をシェアできる「パケットシェア」も充実。こちらは同一住所の5回線まで適用となります。

    しかも、当月中に使わなかったデータ通信料(パケット)は、翌月に繰り越してシェアできるというお得なサービスになっています。

    学割がないのが残念ですが、通信速度の安定性もトップクラス。家族向けサービスも充実していることから、コスパなど総合的に考えると1番おすすめです。

    POINT

    1. 家族割引は5回線まで使え、姓や住所が異なっていても適用できる
    2. 家族でない場合も、複数割やパケットシェアなどで節約可能
    3. 通信速度が安定していて、顧客満足度は常に上位にランクイン
    教えて君教えて君

    パケットシェアは、家族で乗り換える時に便利だね!

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ジュニアパックやシニアパックなど家族向けサービスも豊富ですし、速度も安定しているので1番おすすめです。

    2位: UQモバイル [UQ家族割・学割]

    UQモバイル

    UQモバイルは、「UQ家族割」「UQ学割」といった家族向け割引サービスが充実しています。また、この二つの割引プランは併用もできるためお得です。

    (ただし、「UQゼロ学割」は利用開始後の三ヶ月間、月額基本料が無料なので、無料期間のあいだは家族割との併用ができません。)

    回線速度は格安SIMの中でトップクラス。ストレス無くネット利用はできることで口コミでも人気ですが、パケットシェアができないというデメリットも。

    全体のコスパより「回線速度」にこだわる方に、おすすめの格安SIMです。

    教えて君教えて君

    回線速度が早いし、学割や家族割も良さそうだね!

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ただし、基本料金が少し高いのとデータ量を分け合えるシェアプランがありません。利用用途を考えましょう。

    【キャンペーン実施中!】最大13,000円キャッシュバック実施中!

    3位: 楽天モバイル [データシェア可能]

    楽天モバイル

    学割や家族割といった割引プランはありませんが、データ通信料を分け合うことができる「データシェア」を利用することで代用することが可能です。

    ほとんどの格安SIMでは、複数の名義でデータシェアすることができず、必ず誰か1人の名義に統一してから、複数のSIMカードを契約する形になります。

    しかし、楽天モバイルでは同じ名義である必要がありませんので、友人や恋人とのシェアも簡単。常にお得なキャンペーンを行っているのも特徴です。

    新しい格安スマホや格安タブレットをセット割で購入したい人におすすめです。

    教えて君教えて君

    データシェアがあるなら、家族割と変わらないのかな?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    そうですね。キャンペーンの種類も豊富にあるので、新しい格安スマホやタブレットを買う場合もお得です。

    【キャンペーン実施中!】楽天会員割+長期割で2年間1,480円!

    4位: iijmio [ファミリーシェアプラン]

    IIJmio(みおふぉん)

    iijmioの特徴は、最大10GBの大容量データシェアが行える点です。SIMカードも最大3枚まで無料で追加できる上に、最大10枚が持てるヘビーユーザー向け。

    家族で格安スマホに乗り換えれるファミリープランは、家族間通話が20% OFFになります。使っている端末が多かったり、大家族でのシェアにおすすめです。

    教えて君教えて君

    家族間通話が完全無料ってわけではないのか。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    キャリアと比較してしまうと見劣りしてしまいますが、格安SIMは元々料金が安いので、結果的にはお得です。

    5位: ワイモバイル [学割や家族割あり]

    ワイモバイル(Yモバイル)

    CMでもよく見る「タダ学割」や「家族割引サービス」など充実しています。

    Yahoo!プレミアム、Yahoo!ショッピングとの連携サービスや「データ容量2倍オプションが月額無料」など、いろいろなキャンペーンも行っています。

    ただし基本の料金は高めの設定ですので、しっかり比較して考えましょう。

    教えて君教えて君

    確かに、格安SIMの中では料金が高いほうだよね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    割引サービスは豊富ですが、結果的に高くなってしまいがち。店舗は多いので、近所なら検討してみましょう。

    【キャンペーン実施中!】最大12ヵ月間1,000円割引キャンペーン

    [比較表] 家族向け格安SIMを比較!子供や学生・夫婦やシニア向け

    次に家族向け格安SIMの比較表を作成しましたので、参考までにご覧ください。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    TONEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.9
    イオンモバイル
    ワイモバイル(Yモバイル)
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,000
    (低速無制限/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    2,980
    (3GB〜/税別)
    ワイモバイル回線
    子供/シニア

    専用プランあり
    子供/シニア

    子供シニア特化
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    家族割/学割

    複数回線割引
    家族割/学割

    キャンペーン有
    家族割/学割

    家族割・学割
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    家族割・学割
    データシェア

    パケットシェア
    データシェア

    なし
    データシェア

    なし
    データシェア

    データシェア
    データシェア

    ファミリーシェア
    データシェア

    データシェア
    データシェア

    データシェア
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    比較すると、通信速度や満足度が高く、家族向けサービスも展開しているmineoと、低価格で家族向けに特化しているTONEモバイルは優れています。

    UQモバイルとワイモバイルにも割引はありますが、元の料金設定が高いのであまりメリットは感じられません。近くに店舗があるなら検討してみましょう。

    このように横並びで比較してみると、どのMVNOが優れているかよくわかりますね。この比較表を参考に、使用環境に最適な格安SIMを選んでください。

    教えて君教えて君

    mineoはバランスが優れてるね。TONEも価格が安いので、速度が低速でも構わないという人には良いかも。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    家族向けで考えるならmineoかTONEでしょう。とくにmineoはSNSでも評判で、オールマイティな印象です。

    [まとめ] 家族で格安SIM(MVNO)を使いたいあなたにおすすめは?

    mineo(マイネオ)

    いくつか紹介しましたが、家族で格安SIM(MVNO)に乗り換えたいあなたに、一番おすすめできるのはmineoです。

    ジュニアパックやシニア向けサービスが充実しており、訪問サポートも用意されています。複数割やパケットシェアなども便利で家族向けといえます。

    通信速度も安定していて、顧客満足度では常に上位にランクインしています。

    POINT

    1. ジュニアパックや訪問サポートなど、家族向けサービスが豊富
    2. 家族割引は5回線まで使え、複数割やパケットシェアなども充実
    3. 通信速度が安定していて、顧客満足度は常に上位にランクイン

    実際に私も3年ほど使っています。当サイト経由の契約者数も増えており、

    • 「自分の子供やシニア世代の両親でも、格安SIMに乗り換えできた」
    • 「家族割引や学割で節約したお金で、家族で旅行に行けました笑」

    など嬉しい声がたくさん届いています。

    格安SIMへの乗り換えを検討しているなら、試して後悔することはありません。

    期間限定キャンペーンを行っている場合もあるのでチェックしてみましょう。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    TONEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.9
    イオンモバイル
    ワイモバイル(Yモバイル)
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,000
    (低速無制限/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    2,980
    (3GB〜/税別)
    ワイモバイル回線
    子供/シニア

    専用プランあり
    子供/シニア

    子供シニア特化
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    子供/シニア

    なし
    家族割/学割

    複数回線割引
    家族割/学割

    キャンペーン有
    家族割/学割

    家族割・学割
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    なし
    家族割/学割

    家族割・学割
    データシェア

    パケットシェア
    データシェア

    なし
    データシェア

    なし
    データシェア

    データシェア
    データシェア

    ファミリーシェア
    データシェア

    データシェア
    データシェア

    データシェア
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、この冬、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    11月16日まで申し込みされた方限定で、月額料金が半年977円割引になるキャンペーンを実施中です。期間中なら、月々333円(税抜)から利用できます。

    しかも、要件を満たせば自動的に適用となるため複雑な手続きも不要です。

    2018年9月からソフトバンク回線も正式サポート。3キャリア対応はここだけ!

    この冬に乗り換え(MNP)を検討している方におすすめです。ほかのキャンペーンは、【2018年11月】格安SIM(MVNO)キャンペーン比較情報をご覧ください。

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。


    大手キャリアでは一般的な「家族割引」ですが、格安SIMでは一部のMVNO社のみ提供しています。ただ注意点もあり、キャリアと比較して家族間通話やメールが有料サービスになったいたり、名義人を1人にしないと家族割を適用できないケースもあります。とはいえ携帯料金を格段に安くできるのでおすすめです。

    パッと読むための見出し

      \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

      【2018年11月】おすすめ格安SIMキャンペーンmineo(マイネオ)公式へ