家族割は格安SIMでも使える?家族向けプランおすすめ格安SIM徹底比較

家族割は格安SIMでも使える?家族向けプランおすすめ格安SIM徹底比較
吉田あゆみ 吉田あゆみ
ざっくり言うと…
  • 格安SIMの家族割は割引額が少ないので、基本料金の安さや通信速度で選ぶ
  • 格安SIMへ乗り換え前に、名義変更や契約内容の見直しが必要になる場合も
  • 家族間通話やメールはLINEで代用し、家族の年齢や世代にあうオプションも
家族割は格安SIMでも使える?家族向けプランおすすめ格安SIM徹底比較

家族で使える格安SIMの選び方とは?家族向けプランのデメリットや、子供(学生)やシニア向け・家族割引や学割で格安SIMを徹底比較!

教えて君教えて君

家族で格安SIMに乗り換えようと思うんだけど、家族割や家族向けのサービスが豊富な格安SIMってどこかな?

吉田あゆみ吉田あゆみ

家族向けといっても子供からシニア世代まであり、割引の安さだけで飛びついてしまうと後悔するでしょう。

家族割は格安SIMでも使える?家族向けプランおすすめ格安SIM徹底比較

  • 「生活費を節約したいから、家族みんなで格安SIMに乗り換えたい」
  • 「家族割引や学割ってある?家族向けのおすすめ格安SIMはどこ?」

など、疑問や悩みを感じていませんか?

ただでさえ安い格安SIM。家族みんなで乗り換えれば、その分だけ安くなりますね!しかし、家族向けではない格安SIMも多く、適当に選ぶと失敗します。

そこで、格安SIM各社の割引制度や、子供やシニアでも安心して使える格安SIMに焦点を当て、家族向けにどの格安SIMがお得で使いやすいか見ていきます。

この記事を読むことで、あなたの家族にぴったりな格安SIMが見つかります。

結果
発表
【2020年11月】家族向けにベストな格安SIMランキング1位は?

この記事の重要ポイント

今回は、比較する格安SIMを6社まで厳選し、それぞれの特徴をまとめました。

mineo(マイネオ)
4.8
OCNモバイルONE(NTT)
4.5
TONEモバイル
4.2
UQモバイル(UQ mobile)
3.8
IIJmio(みおふぉん)
3.8
ワイモバイル(Yモバイル)
月額1,510
(3GB〜/税別)
1,480
(3GB〜/税別)
1,000
(低速無制限/税別)
1,980
(3GB〜/税別)
1,600
(3GB〜/税別)
2,680
(3GB〜/税別)
家族割/学割
家族割あり

なし

なし

家族割あり

なし

家族割あり
プラン選択
自由に選べる

名義変更が必要

名義変更が必要

最大14GBまで

名義変更を推奨

最大14GBまで
家族向け
パケットシェア

3人まで無料

子供シニア特化

なし

通話料20%割引

なし
通信速度
高速バースト

良好

500kbps程度

トップクラス

良好

トップクラス
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

詳しくは後述しますが、格安SIMの家族割は割引額が少ないので、私は料金プランの柔軟性や、通信速度の品質も見ながら選ぶことをおすすめしています。

それらを基準に選考し、特におすすめの格安SIMを3社ピックアップしました。

  1. mineo
    事前の名義変更不要で、家族それぞれに自由な料金プランを選べる
  2. OCNモバイルONE
    よく通話する3つの番号が24時間無制限になる。家族通話には最適
  3. TONEモバイル
    子供やシニア世代に特化している。幼稚園児や小学校低学年向け

ランキングの解説だけを見たい人は、以下の見出しへジャンプしてください。

結果
発表
【2020年11月】家族向けにベストな格安SIMランキング1位は?

最終更新:2020年11月30日(月)

【目次】お急ぎの方はコチラ [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    目次は「画面の右上」から、いつでも確認できます!
    記事の途中でも、少し上にスクロールするだけです。
    「画面右下のボタン」を押しても、表示できます!

    家族向け格安SIM(MVNO)のデメリットは?失敗しない選び方は?

    教えて君教えて君

    格安SIM(MVNO)を家族で使う場合、携帯会社と違って気をつけなきゃいけないポイントとか、注意点ってある?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    「名義を1人に統一しておく」などの準備が必要です。家族で乗り換える際の注意点や選び方を解説しましょう!

    家族割や学割よりも、基本料金の安さ

    まず料金ですが、家族割の有無より、基本料金の安さで選ぶほうが確実です。もともと格安SIMは割安なので、家族割があっても割引額が少ないからです。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    UQモバイル(UQ mobile)
    4.5
    ワイモバイル(Yモバイル)
    4.2
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.8
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    月額1,510
    (3GB〜/税別)
    1,980
    (3GB〜/税別)
    2,680
    (3GB〜/税別)
    1,480
    (3GB〜/税別)
    1,600
    (3GB〜/税別)
    家族割適用後1,460
    50円割引
    1,480
    500円割引※
    2,180
    500円割引※

    家族割なし

    家族割なし
    通信速度
    高速バースト

    トップクラス

    トップクラス

    良好

    良好
    顧客満足度
    顧客満足度1位

    通信速度No,1

    ソフトバンク傘下

    上位3人かけ放題

    安定性に定評
    公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

    上の表は1人あたりの料金です。UQモバイルとワイモバイルは、家族割で500円割引になっていますが、通話オプション付きの専用プランしか使えません

    mineoの家族割は1人あたり50円しか割引されませんが、無駄なオプションが一切ないので、結果的には1番安く、コスパで見ると最良の結果になりました。

    なお、大手キャリアによくある学割プランも同様で、そんなに大きな値引きではありません。格安SIM(MVNO)を選ぶ上で、重要な判断材料にはなりません。

    価格や速度、データ容量を比較しよう

    実際に格安SIM(MVNO)に乗り換えた私の結論ですが「料金プランが自分にあっていて、通信が安定している/回線速度が速い」所なら失敗はしません。

    まずは、自分が毎月使っている容量を確認することから始めましょう。例えば毎月3GB使っている人は、3GBプランの料金で格安SIM(MVNO)を比較します。

    ただ、通信速度が安定していない格安SIMを選んでしまうと、後で必ず後悔します。実績の少ないMVNOは「安かろう悪かろう」な所もあるので要注意。

    なお、格安SIMの電波(バックボーン)はdocomoやau、ソフトバンクなど大手キャリアと同じものを使っているので、圏外が増えるトラブルはありません。

    基本は名義変更(シェアプラン)が必要

    もし今の携帯会社で、代表者名義ではなく「家族それぞれ個人の名義で契約している」場合、格安SIMの代表者(名義人)へ名義変更が必要かもしれません。

    ほとんどの格安SIMでは、親などの代表者1人だけが格安SIMに契約し、SIMカードを複数作ってシェアプラン(パケットシェア)を適用する形だからです。

    大手キャリア格安SIM
    契約者の名義
    各個人の名義で契約
    (家族それぞれの名前)
    代表者の名義で契約
    (父親の名前など)
    料金プラン
    人それぞれ異なる
    (母1GB、父5GBなど)
    家族毎1プランのみ
    (全員で30GBなど)

    事前に変更しておかないと、電話番号を引き継ぐことができず新規契約になってしまったり、後になって面倒なトラブルが増える原因となってしまいます。

    また、大容量プランがない/シェアプランがない格安SIMも避けてください

    家族で使う場合、基本的には「一家族ごとに2〜30GBプランを契約し、その中から家族全員に分け合う」形になります(個別に料金プランは選べません)。

    そもそもシェア機能がないと使えませんし、容量が足りないと全員通信できなくなります。1人あたり5〜10GBを目安にして、比較してみると良いでしょう。

    名義変更が必要ない格安SIMも?

    実は、mineoUQモバイルワイモバイルなど一部の格安SIM(MVNO)では、名義変更の必要がなく、料金プランも一人ひとり自由に選べます。

    初めて格安SIMへ乗り換えなら、この中から選んだほうがカンタンです。

    家族間通話やメールはLINEなどで代用

    あと、家族での通話やメールは、できるだけLINEやSkypeに変更しましょう。

    家族間通話やメールは、格安SIMでは有料なところがほとんど。せいぜい割引される程度ですので、家族との通話やメールが多い方は注意してください。

    逆にいえば、インターネット通信を使うLINEなどは圧倒的に安くなりますし、そもそもLINEは通話もメッセージも無料なので、無駄な料金がかかりません。

    とはいえ、なんらかの事情で一般電話で通話するしかない人もいるでしょう。OCNモバイルONEなら、3つの電話番号のみ「完全かけ放題」でも使えます。

    関連記事

    家族の年齢・世代にあうオプションを

    そのほか、子供や学生・シニア世代向けのオプションを提供している格安SIMもあります。以下のサービスを中心に、各社比較してみるのもおすすめです。

    子供向け(キッズ)=フィルタリング機能

    小〜中学生など低年齢の子供に、携帯を持たせるなら「ページフィルタリング機能」は必須です。悪質なアプリや、有害サイトのアクセスを規制できます。

    ほかにも、事件や事故に巻き込まれていないか所在地を確認するためのGPSアプリや、ゲームのしすぎを防ぐ利用時間制限なども備わっていると安心です。

    シニア向け=操作が簡単&サポート優先

    ご自分の両親など、シニア向けにスマホや携帯電話を渡す場合は「簡単に操作ができて、画面サイズが大きく文字が見やすい」機種を選ぶほうが良いです。

    また、わからないことがあったらすぐに質問できるよう、家の近くにサポート店舗のある格安SIMがおすすめ。乗り換え後にトラブルがあっても安心です。


    家族割引や学割も!?家族向けプランおすすめ格安SIMランキング

    選び方のポイント
    • 格安SIMの家族割は割引額が少ないので、基本料金の安さや通信速度で選ぶ
    • 格安SIMへ乗り換え前に、名義変更や契約内容の見直しが必要になる場合も
    • 家族間通話やメールはLINEで代用し、家族の年齢や世代にあうオプションも

    について、ここまで解説してきました。

    教えて君教えて君

    家族割や学割の良し悪しだけじゃ判断できないんだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    割引率だけで選ぶと失敗しがちなので注意しましょう。その上で、家族向けのおすすめ格安SIMを紹介します。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    OCNモバイルONE(NTT)
    4.5
    TONEモバイル
    4.2
    UQモバイル(UQ mobile)
    3.8
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    ワイモバイル(Yモバイル)
    月額1,510
    (3GB〜/税別)
    1,480
    (3GB〜/税別)
    1,000
    (低速無制限/税別)
    1,980
    (3GB〜/税別)
    1,600
    (3GB〜/税別)
    2,680
    (3GB〜/税別)
    家族割/学割
    家族割あり

    なし

    なし

    家族割あり

    なし

    家族割あり
    プラン選択
    自由に選べる

    名義変更が必要

    名義変更が必要

    最大14GBまで

    名義変更を推奨

    最大14GBまで
    家族向け
    パケットシェア

    3人まで無料

    子供シニア特化

    なし

    通話料20%割引

    なし
    通信速度
    高速バースト

    良好

    500kbps程度

    トップクラス

    良好

    トップクラス
    公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

    1位: mineo(マイネオ) [名義変更不要]

    • 評価:4.8
    3GB: 1,510円 /月
    [データ] 3GB: 900円 /月
    • 全キャリア対応/0.5GB~30GB
    • 安定した速度で顧客満足度1位
    • 最低利用期間/解約金なし!
    • 通話定額・10分かけ放題あり
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    家族割あり

    自由に選べる

    パケットシェア

    高速バースト
    公式サイト

    mineo最大の特徴は、格安SIMの弱点とされる通信速度が安定していること。他社と違って最低利用期間や解約金がなく、強制オプションもありません。

    mineoの家族プラン(家族割)は、家族それぞれ自由な料金プランを選択できます。事前に名義変更をしておく必要もないので、余計な手間もかかりません。

    通信品質の高さもそうですが「たくさん使う父は10GB/あまり使わない母は1GB」など柔軟なプラン設定ができるのは、mineo(マイネオ)だけの強みです。

    翌月繰越やパケットシェア等、家族向けオプションも他社を圧倒しています。家族で乗り換えするなら、まず最初に検討すべき格安SIMといえるでしょう。

    POINT

    1. 全キャリア対応の数少ない格安SIM。回線速度が速く安定している
    2. 最低利用期間/解約金なし。データ繰越・シェアや10分かけ放題も
    3. 顧客満足度は常にトップクラスで、当サイト経由での契約者数1位
    教えて君教えて君

    事前の名義変更が面倒だったり、シェア機能のない格安SIMも多いけど、マイネオなら全部できるのが強いね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ジュニアパックやシニアパックなど家族向けサービスも豊富ですし、速度も安定しているので1番おすすめです。

    mineoのAプラン料金表

    ジュニアパック/シニアパック

    mineo(マイネオ)なら、子供や学生・シニア向けのサービスも充実しています。

    子供や学生向けの「ジュニアパック」では、セキュリティー対策や有害サイトのフィルタリング、辞書などのアプリ11個が月額200円(税抜)で使い放題です。

    「シニアパック」も便利で、防災情報のお知らせやフリック操作の練習、バッテリー管理など、スマホを簡単に操作できるアプリ11個が月額200円(税抜)。

    また、自宅まで出向いてくれる「訪問サポート」という頼もしいサービスがあるので、近くにサポート店舗がなくて不安に感じている高齢者にもおすすめ。

    2位: OCNモバイルONE [家族間無料]

    • 評価:4.5
    3GB: 1,480円 /月
    [データ] 3GB: 880円 /月
    • docomoのみ/1GB〜30GB
    • 業界初の「上位3人かけ放題」
    • 通話定額・10分かけ放題あり
    • クレジットカード/口座振替可
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    なし

    名義変更が必要

    3人まで無料

    良好
    公式サイト

    OCNモバイルONE最大の特徴は、格安SIMでは珍しい「トップ3かけ放題」。よく電話をかける相手3人にかぎり、時間無制限で完全かけ放題になります。

    「OCN光」を使っている人なら最安値クラス。Spotifyなどの音楽サービスで使った通信量は無制限ですし、NTTが運営しているという信頼感もあります。

    ドコモ回線しか用意されていないのは残念ですが、スマホを持っていない家族と通話することが多いなど、長電話する相手が3人以下の人におすすめです。

    POINT

    1. 通話料金の高い上位3人の通話料が無料になる「トップ3かけ放題」
    2. OCN光を契約中の場合は、格安SIMの中でも最安値クラスで使える
    3. SpotifyやAmazon Musicが無制限(カウントフリー)のオプションも
    教えて君教えて君

    10分制限のない「トップ3かけ放題」はここだけだし、スマホが使えない親と長電話するときに便利そうだ。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    時間無制限かけ放題が使える珍しい格安SIM(MVNO)ですし、あのNTTグループ運営なので安心感もありますね。

    OCNモバイルONEの料金表

    3位: TONEモバイル [子供シニア特化]

    • 評価:4.2
    低速無制限: 1,000円 /月
    [データ] : ―――円 /月
    • docomo回線/無制限(500kbps)
    • 業界最安値クラスの格安SIM
    • 子供やシニア向けアプリ充実
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    なし

    名義変更が必要

    子供シニア特化

    500kbps程度
    公式サイト

    TONEモバイル最大の特徴は、子供やシニア世代に特化した格安SIMであること。全国のTSUTAYAでサポートしてもらえたり、業界最安値水準なのも魅力。

    「TONE見守り」「TONEファミリー」「お迎えナビ」などの専用アプリを使い、子供の現在地や乗り物移動の通知・アプリ利用状況などを確認できます。

    通信速度が遅いというデメリットはありますが、月額1,000円で子供やシニア向けのサービスを利用できるので、通信速度のこだわりがなければおすすめ。

    教えて君教えて君

    速度は遅いけど、小さい子供に持たせる分には十分か。怪しいアプリやサイトのフィルタリングも使えるしね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    お子様が幼稚園児や小学校低学年だったり、速度が遅くても気にならない方なら、おすすめの格安SIMです。

    4位: UQモバイル [家族割あり]

    • 評価:3.8
    3GB: 1,980円 /月
    [データ] 3GB: 980円 /月
    • au回線のみ/3GB〜14GB
    • 業界トップクラスの回線速度
    • 24時間かけ放題/通話定額対応
    • クレジットカード/口座振替可
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    家族割あり

    最大14GBまで

    なし

    トップクラス
    公式サイト

    UQモバイル最大の特徴は、格安SIMの中では最速と評価される通信速度。昼間など混雑時も快適に繋がるので、格安SIMの中ではトップクラスの品質です。

    「UQ家族割」といった家族向け割引サービスも充実しています。時期によっては学割キャンペーンも実施しているので、うまく使えば最安値になることも。

    ただ、au回線しかないのと、選べるデータ量が少ないのはデメリットですね。

    POINT

    1. 格安SIMトップクラスの回線速度で昼間も快適!親会社はau(KDDI)
    2. 24時間無制限かけ放題が使えるので、よく通話する人にもおすすめ
    3. auショップに隣接した店舗サポートや、口座振替にも対応している
    教えて君教えて君

    やっぱり回線が速いのは重要だよね。10分かけ放題だと足りないから、24時間かけ放題があるのも嬉しいなぁ。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ただし、基本料金が少し高いのとデータ量を分け合えるシェアプランがありません。利用用途を考えましょう。

    UQモバイルの料金表

    【キャンペーン実施中!】最大10,000円キャッシュバック実施中!

    5位: IIJmio(みおふぉん) [大家族向け]

    • 評価:3.8
    3GB: 1,600円 /月
    [データ] 3GB: 900円 /月
    • docomo・au/3GB〜30GB
    • データシェアが最大10枚まで
    • 通信速度も安定しており好評
    • 通話定額・10分かけ放題あり
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    なし

    名義変更を推奨

    通話料20%割引

    良好
    公式サイト

    iijmio最大の特徴は、最大10GBの大容量データシェアが行えること。SIMカードを3枚まで無料で追加できる上に、最大10枚が持てるヘビーユーザー向け。

    ファミリー割引などによって、家族間通話が20%OFFになります。端末をたくさん持っている人なら、それぞれにデータ容量を分け合うこともできます。

    ただ、プランが少なかったり、 名義を統一しないとシェアできないのが面倒。

    POINT

    1. 高品質で速度低下や障害が起きにくい、老舗ならではの通信速度
    2. 通話代が半額、家族利用でさらに安くなるみおふぉんダイアル
    3. ストレスなく節約できる、クーポンスイッチとバースト機能
    教えて君教えて君

    やっぱり家族利用に向いているね。ファミリーシェアプランならSIMカードを10枚まで発行できるのもすごい。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    SIMカードを最大10枚までシェアできる珍しい格安SIMですし、大家族や複数端末での利用におすすめですね。

    6位: ワイモバイル [家族割あり]

    • 評価:
    3GB: 2,680円 /月
    [データ] GB: ―――円 /月
    • ワイモバイル/3GB〜14GB
    • 通話定額・10分かけ放題あり
    • クレジットカード・口座振替
    家族割/学割プラン選択家族向け通信速度関連情報

    家族割あり

    最大14GBまで

    なし

    トップクラス
    公式サイト

    ワイモバイル最大の特徴は、格安SIMで唯一「時間無制限かけ放題」に対応していること。普通に電話をかけるだけで「かけ放題」になるのも便利です。

    家族割も充実しており、時期によっては学割キャンペーンも実施しています。

    ただ、基本料金が他社より割高です。料金で選ぶなら、おすすめできません。

    POINT

    1. ワイモバイル独自の回線だからこその優秀な通信速度
    2. 時間無制限のかけ放題オプション、デフォルトでも10分間無料
    3. 全国のワイモバイルショップで受けられる豊富なサポート
    教えて君教えて君

    確かに、格安SIMの中では料金が高いほうだよね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    割引サービスは豊富ですが、結果的に高くなってしまいがち。店舗は多いので、近所なら検討してみましょう。

    【キャンペーン実施中!】最大6ヵ月間700円割引キャンペーン!

    [比較表] 家族向け格安SIMを比較!子供や学生・夫婦にベストは?

    mineo(マイネオ)
    4.8
    OCNモバイルONE(NTT)
    4.5
    TONEモバイル
    4.2
    UQモバイル(UQ mobile)
    3.8
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    ワイモバイル(Yモバイル)
    月額1,510
    (3GB〜/税別)
    1,480
    (3GB〜/税別)
    1,000
    (低速無制限/税別)
    1,980
    (3GB〜/税別)
    1,600
    (3GB〜/税別)
    2,680
    (3GB〜/税別)
    家族割/学割
    家族割あり

    なし

    なし

    家族割あり

    なし

    家族割あり
    プラン選択
    自由に選べる

    名義変更が必要

    名義変更が必要

    最大14GBまで

    名義変更を推奨

    最大14GBまで
    家族向け
    パケットシェア

    3人まで無料

    子供シニア特化

    なし

    通話料20%割引

    なし
    通信速度
    高速バースト

    良好

    500kbps程度

    トップクラス

    良好

    トップクラス
    公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

    家族向けというテーマだと、総合的に見てmineo(マイネオ)が圧勝してます。

    通信品質の高さもそうですが「たくさん使う父は10GB・あまり使わない母は1GB」など柔軟なプラン設定ができるのは、mineo(マイネオ)だけの強みです。

    シニア世代の両親と音声通話がメインなら「OCNモバイルONE」、小さなお子様に初めてスマホを持たせるなら「TONEモバイル」も良い選択だと思います。

    それらを基準に選考し、特におすすめの格安SIMを3社ピックアップしました。

    1. mineo
      事前の名義変更不要で、家族それぞれに自由な料金プランを選べる
    2. OCNモバイルONE
      よく通話する3つの番号が24時間無制限になる。家族通話には最適
    3. TONEモバイル
      子供やシニア世代に特化している。幼稚園児や小学校低学年向け
    教えて君教えて君

    確かに、トータルで見るとmineoが無難な印象だね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    基本的にはmineo(マイネオ)をベースに検討しつつ、どんな家族構成で使うか考えながら決めると良いでしょう。

    [まとめ] 家族で格安SIM(MVNO)を使いたいあなたにおすすめは?

    mineo(マイネオ)

    正直にいいましょう。家族みんなで格安SIM(MVNO)に乗り換え(MNP)したい貴方に、最もベストな選択は、家族向けサービスを展開しているmineoです。

    mineoの家族プラン(家族割)は、家族それぞれ自由な料金プランを選択できます。事前に名義変更をしておく必要がないのも、ここだけの強みといえます。

    ドコモ・au・ソフトバンク全キャリアが使える珍しいMVNO。格安SIMの弱点とされる速度が安定している点が人気で、顧客満足度No,1の実績もあります。

    格安SIMを10社以上使った私ですが、あえて1社に絞るならmineo(マイネオ)を選べば間違いはありません。当サイト経由の契約者数も1位となっています。

    POINT

    1. 全キャリア対応の数少ない格安SIM。回線速度が速く安定している
    2. 最低利用期間/解約金なし。データ繰越・シェアや10分かけ放題も
    3. 顧客満足度は常にトップクラスで、当サイト経由での契約者数1位
    教えて君教えて君

    格安SIMにはデメリットも多いけど、やっぱり通信速度の安定性や、解約金なしで試せる点も安心できるよね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    最もデメリットが少ない格安SIMですから、コスパ重視で探している人、初めての乗り換えにもおすすめです。


    実際の申し込み手順も解説しておきます。といっても、難しくはありません。

    mineo申し込み手順

    1. 現在使っている携帯キャリアを解約し「MNP予約番号」を入手する
    2. 公式ページ右上「今すぐお申込み」(スマホは画面中央にあります)
    3. 住所やMNP予約番号などの必要事項を入力し、「この内容で確定」

    最短3営業日以内に「SIMカード」が届きますので、端末に挿し直せばOK。同梱されている取扱説明書を読みながら設定していけば、5分もかかりません。


    実際に私も3年ほど使っています。当サイト経由の契約者数も増えており、

    • 「自分の子供やシニア世代の両親でも、格安SIMに乗り換えできた」
    • 「家族割引や学割で節約したお金で、家族で旅行に行けました笑」

    など嬉しい声がたくさん届いています。

    初めて格安SIMを使う人にもおすすめです。通常解約なら最低利用期間も違約金もなく、いつでも解約できるので、心配ならお試しするのも良いでしょう。

    格安SIMへ乗り換えを考えている人なら、試して後悔することはありません。

    期間限定キャンペーンを行っている場合もあるのでチェックしてみましょう。

    mineoのAプラン料金表

    mineo(マイネオ)
    4.8
    OCNモバイルONE(NTT)
    4.5
    TONEモバイル
    4.2
    UQモバイル(UQ mobile)
    3.8
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    ワイモバイル(Yモバイル)
    月額1,510
    (3GB〜/税別)
    1,480
    (3GB〜/税別)
    1,000
    (低速無制限/税別)
    1,980
    (3GB〜/税別)
    1,600
    (3GB〜/税別)
    2,680
    (3GB〜/税別)
    家族割/学割
    家族割あり

    なし

    なし

    家族割あり

    なし

    家族割あり
    プラン選択
    自由に選べる

    名義変更が必要

    名義変更が必要

    最大14GBまで

    名義変更を推奨

    最大14GBまで
    家族向け
    パケットシェア

    3人まで無料

    子供シニア特化

    なし

    通話料20%割引

    なし
    通信速度
    高速バースト

    良好

    500kbps程度

    トップクラス

    良好

    トップクラス
    公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

    \ 2020年11月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、冬のキャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    11月30日まで乗り換えた人限定で、月額料金が6ヶ月間800円割引!さらにパケット放題7ヶ月80円割引という過去最大のキャンペーンが開催されてます。

    マイネオのキャンペーンは毎年冬にしか実施されないので、かなり貴重です。他社から乗り換え(MNP)するだけなので、面倒な条件などもありません。

    格安SIMへ乗り換えを考えている人なら、試して後悔することはありません。

    【2020年11月】格安SIMキャンペーン情報

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。


    キャリアから家族みんなで格安SIMに乗り換えしたい!」と思っている人も増えてきていると思います。もちろん1人でも安くなりますが、それぞれの割引プランやデータ量を家族で分け合えるといったサービスを提供しているMVNOも。そこで、家族での乗り換えにおすすめしたい格安SIMを比較してみました。

    パッと読むための目次