HUAWEI(ファーウェイ)

におすすめの格安SIM(MVNO)は?テザリングやGPSも使える?

HUAWEI(ファーウェイ)におすすめの格安SIM(MVNO)は?テザリングやGPSも使える?

格安スマホのHUAWEI(ファーウェイ)におすすめの格安SIM(MVNO)は?種類・型番ごとに人気ランキングをまとめました!

教えて君教えて君

携帯料金が高いから格安スマホに変えようと思ってるんだけど、HUAWEI(ファーウェイ)は種類があって悩むねー。

吉田あゆみ吉田あゆみ

最近の格安スマホは高スペックですから、動画やネットを見る程度の使い方なら全然問題ないですよね。格安SIMへ乗り換え(MNP)するなら、格安スマホのセット購入が最もお得ですし。

HUAWEI(ファーウェイ)といえば、格安スマホとして人気トップクラスの機種ですね。

iPhoneやXperiaは値段が高すぎると感じていたり、とりあえず通話とネットが見れるならなんでもいい!という方にとって最適な機種と言えるでしょう。

そこで、HUAWEI(ファーウェイ)で格安SIMへ乗り換え(MNP)する際にありがちな疑問や、実際にHUAWEI(ファーウェイ)を使う方法をまとめました。

お急ぎの方はコチラから! [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」でも、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    HUAWEI(ファーウェイ)のメリットとデメリット(注意点)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    HUAWEI(ファーウェイ)で格安SIMを使うにあたり、そのメリットとデメリット(注意点)をまとめます。

    HUAWEI(ファーウェイ)はSIMフリー

    まず最初にお伝えしたいことは、HUAWEI(ファーウェイ)は「SIMフリー版」のみ存在しています。

    この機種を利用すれば、ほぼ全ての格安SIMに乗り換え可能です。

    実は、大手キャリアのiPhoneなどを使って格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)する場合、SIMロック解除という特殊な条件をクリアする必要があります。

    しかし、HUAWEI(ファーウェイ)は格安スマホなので、そのような特殊な条件がありません。

    ○ テザリングやGPSも利用できます

    テザリングやGPS機能のある格安スマホであれば、格安SIM(MVNO)でも問題なく利用することができます。テザリングは無料で追加料金もありません。

    GPSについても大手キャリアと同様の使い勝手で利用できます。

    最近の格安スマホは高スペックなので、ほとんどトラブルもありません。

    △ Jアラートや地震速報はアプリで

    格安SIM(MVNO)は大手キャリアの電波と同じなので、Jアラートや緊急地震速報(ETWS)などの緊急速報に対応している端末であれば受信できます!

    しかし、対応している端末だけど鳴らなかったというトラブルも多いです。

    これはHUAWEI(ファーウェイ)や格安SIM(MVNO)の問題ではなく、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでも発生しています。

    格安SIM(MVNO)を利用するしないに関わらず、Yahoo!が提供する「防災速報」や「ゆれくるコール」アプリで受信できるようにしておきましょう。

    × スペック(性能)には妥協も必要

    人によっては注意すべきデメリットとして、格安スマホは値段が安いため、iPhoneやXperiaなどの最新機種と比べると、やはり性能は悪くなります。

    カメラの画質や音質などにこだわりが強い場合は、購入前に考えましょう。

    大手キャリアの機種で格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)する方法もあります。
    格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)手順は?解約タイミングや方法・注意点

    とはいえ、最近の格安スマホは高スペック化が進んでいます。普通にネットや動画を見たり、軽いゲームをする程度ではストレスを感じないでしょう。

    実際に格安SIMを使う手順(方法)

    特に難しい手続きはありません。実際にやることは大きく3つだけです。

    1. MNP予約番号を入手する(解約する)
    2. 格安SIMを契約しSIMカードを入手
    3. SIMカードを挿してAPN設定を行う

    格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)手順は?解約タイミングや方法・注意点

    Amazonやメルカリなどで購入する方法もありますが、やはり端末セットで格安SIM(MVNO)へ申し込みした方がお得になります。

    格安SIM(MVNO)によっては毎月キャンペーンも実施していますので、よろしければ確認してみて下さい。

    mineo(マイネオ)
    4.5
    LINEモバイル
    4.3
    UQモバイル(UQ mobile)
    4.2
    楽天モバイル
    4.1
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    イオンモバイル
    3.8
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    通信速度

    高速バースト
    通信速度

    SB回線高速
    通信速度

    トップクラス
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    1Mbps使い放題
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    上位3人かけ放題
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    HUAWEI(ファーウェイ)で使えるおすすめ格安SIM

    1位: mineo(マイネオ) [顧客満足度1位]

    • 評価:4.5
    3GB: 1,600円 /月
    [データ] 3GB: 900 /月
    • 全キャリア対応/0.5GB〜30GB
    • 安定した速度で顧客満足度1位
    • 最低利用期間/解約金なし!
    • 通話定額・10分かけ放題あり

    mineo最大の特徴は、格安SIMの弱点とされる通信速度が安定していること。他社と違って最低利用期間や解約金がなく、強制オプションもありません。

    顧客第一な企業姿勢も評判で、そんな信頼の積み重ねが「顧客満足度トップ」に現れています。あえて1社に絞るなら、マイネオを選べば間違いありません。

    POINT

    1. 全キャリア対応の数少ない格安SIM。回線速度が速く安定している
    2. 最低利用期間/解約金なし。データ繰越・シェアや10分かけ放題も
    3. 顧客満足度は常にトップクラスで、当サイト経由の契約者数1位!
    教えて君教えて君

    格安SIMにはデメリットも多いけど、やっぱり通信速度の安定性や、解約金なしで試せる点も安心できるよね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    最もデメリットが少ない格安SIMですから、コスパ重視で探している人、初めての乗り換えにもおすすめです。

    mineoのAプラン料金表

    2位: LINEモバイル [SNSが使い放題]

    • 評価:4.3
    3GB: 1,690円 /月
    [データ] 3GB: 1,110 /月
    • 全キャリア対応/1GB〜10GB
    • LINEの年齢認証(ID検索)対応
    • 主要SNSの通信料が実質無料
    • 10分電話かけ放題のみ利用可

    LINEモバイル最大の特徴は、格安SIMでは不可能だったLINEの年齢認証(ID検索)ができること。SNSが無制限使い放題になる「データフリー」も魅力です。

    親会社のソフトバンクから特別待遇を受けており、とくにソフトバンク回線の速度は非常に高速。これから婚活を始めたい人や、学生などにおすすめです。

    POINT

    1. LINEの年齢確認ができる唯一の格安SIM。年齢認証後はID検索可能
    2. LINE・Twitter・Instagram・FacebookなどSNSで容量を消費しない
    3. ソフトバンクと提携しているので、SoftBank回線のプランは最速値
    教えて君教えて君

    LINEのID検索できないのは不便だよね。友達に教える時とか、婚活アプリの連絡先交換もこればっかりだし…。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    LINEのID検索(年齢認証)を婚活アプリや友達同士で使いたい人はもちろん、SNSをよく使う人もおすすめです。

    LINEモバイルのフリープラン/コミュニケーションフリープラン/MUSIC+プランの料金表

    【キャンペーン実施中!】SNS使い放題300円×3ヶ月間キャンペーン!

    3位: UQモバイル [auの通信速度No,1]

    • 評価:4.2
    3GB: 1,680円 /月
    [データ] 3GB: 980 /月
    • au回線のみ/基本3GBのみ
    • 業界トップクラスの回線速度
    • 通話定額・10分かけ放題対応
    • クレジットカード/口座振替可

    UQモバイル最大の特徴は、格安SIMの中では最速と評価される通信速度。昼間など混雑時も快適に繋がるので、格安SIMの中ではトップクラスの品質です。

    au回線しか用意されていない点や、料金プランが高くて複雑といったデメリットもありますが、キャリア並の通信速度に魅力を感じている人が多いですね。

    POINT

    1. 格安SIMトップクラスの回線速度で昼間も快適!親会社はau(KDDI)
    2. 月額500円割引のUQ家族割や、UQゼロ学割キャンペーンなど豊富
    3. auショップに隣接した店舗サポートや、口座振替も使える格安SIM
    教えて君教えて君

    やっぱり回線が速いのは重要だよね。クレジットカード決済も少し不安だったから、口座振替対応も嬉しいな。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    昼間など混雑している時間帯でも高速通信したい人、実店舗ショップでサポートを受けたい人におすすめです。

    UQモバイルの料金表

    【キャンペーン実施中!】最大3,000円キャッシュバック実施中!

    mineo(マイネオ)
    4.5
    LINEモバイル
    4.3
    UQモバイル(UQ mobile)
    4.2
    楽天モバイル
    4.1
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    イオンモバイル
    3.8
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    通信速度

    高速バースト
    通信速度

    SB回線高速
    通信速度

    トップクラス
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    1Mbps使い放題
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    上位3人かけ放題
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    それでは、HUAWEI(ファーウェイ)の機種ごとに利用可能か見てみましょう。

    SIMフリー版HUAWEI(ファーウェイ)機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    HUAWEI(ファーウェイ)のSIMフリー機は19種類あります。格安スマホとして販売されているケースや、格安SIMが使える端末が多く、これから購入を検討中の方にもおすすめです。

    HUAWEI P20 lite

    SIMフリー HUAWEI P20 lite

    HUAWEI P20 liteはHUAWEIから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラックがあります。画面サイズは5.84 インチ、解像度は2280x1080、本体の実サイズは71.2x148.6x7.4 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P20 liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P20

    SIMフリー HUAWEI P20

    HUAWEI P20はHUAWEIから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミッドナイトブルー、ブラック、ピンクゴールドがあります。画面サイズは5.8 インチ、解像度は2244x1080、本体の実サイズは70.8x149.1x7.65 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P20で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI nova lite 2

    SIMフリー HUAWEI nova lite 2

    HUAWEI nova lite 2はHUAWEIから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ブルー、ブラック、ゴールドがあります。画面サイズは5.65 インチ、解像度は2160x1080、本体の実サイズは72.05x150.1x7.45 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI nova lite 2で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P10

    SIMフリー HUAWEI P10

    HUAWEI P10はHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックがあります。画面サイズは5.1 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは69.3x145.3x6.98 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P10で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P10 Plus

    SIMフリー HUAWEI P10 Plus

    HUAWEI P10 PlusはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、グリーナリー、ダズリングゴールドがあります。画面サイズは5.5 インチ、解像度は2560x1440、本体の実サイズは74.2x153.5x6.98 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P10 Plusで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P10 lite

    SIMフリー HUAWEI P10 lite

    HUAWEI P10 liteはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラックがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは72x146.5x7.2 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P10 liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI nova

    SIMフリー HUAWEI nova

    HUAWEI novaはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 6.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは69.1x141.2x7.1 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI novaで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI nova lite

    SIMフリー HUAWEI nova lite

    HUAWEI nova liteはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ゴールドがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは72.94x147.2x7.6 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI nova liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Mate 10 lite

    SIMフリー HUAWEI Mate 10 lite

    HUAWEI Mate 10 liteはHUAWEIから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、グラファイトブラック、オーロラブルーがあります。画面サイズは5.9 インチ、解像度は2160x1080、本体の実サイズは75.2x156.2x7.5 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI Mate 10 liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Mate 10 Pro

    SIMフリー HUAWEI Mate 10 Pro

    HUAWEI Mate 10 ProはHUAWEIから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2017年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミッドナイトブルー、チタニウムグレーがあります。画面サイズは6 インチ、解像度は2160x1080、本体の実サイズは74.5x154.2x7.9 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI Mate 10 Proで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P9

    SIMフリー HUAWEI P9

    HUAWEI P9はHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 6.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミスティックシルバー、チタニウムグレー、レッド、ブルーがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは70.9x145x6.95 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P9で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P9 lite

    SIMフリー HUAWEI P9 lite

    HUAWEI P9 liteはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 6.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ゴールド、ホワイト、ブラックがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは72.6x146.8x7.5 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P9 liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Y6

    SIMフリー HUAWEI Y6

    HUAWEI Y6はHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年春モデルで、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ホワイト、ブラックがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1280x720、本体の実サイズは72.1x143.5x8.5 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (micro-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI Y6で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI GR5

    SIMフリー HUAWEI GR5

    HUAWEI GR5はHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年春モデルで、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ゴールド、シルバー、グレーがあります。画面サイズは5.5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは76.3x151.3x8.15 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (micro-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI GR5で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Mate 9

    SIMフリー HUAWEI Mate 9

    HUAWEI Mate 9はHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、シャンパンゴールド、ムーンライトシルバーがあります。画面サイズは5.9 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは78.9x156.9x7.9 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI Mate 9で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P9 lite PREMIUM

    SIMフリー HUAWEI P9 lite PREMIUM

    HUAWEI P9 lite PREMIUMはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2016年秋モデルで、搭載されているOSはAndroid 6.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ホワイト、ゴールド、ブラックがあります。画面サイズは5.2 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは72.6x146.8x7.5 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P9 lite PREMIUMで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P8max

    SIMフリー HUAWEI P8max

    HUAWEI P8maxはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2015年冬モデルで、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、シャンパンゴールドがあります。画面サイズは6.8 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは93x182.7x6.8 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM/micro-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P8maxで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI P8lite

    SIMフリー HUAWEI P8lite

    HUAWEI P8liteはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2015年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 5.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ゴールドがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1280x720、本体の実サイズは71x143x7.7 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM/micro-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI P8liteで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Mate S

    SIMフリー HUAWEI Mate S

    HUAWEI Mate SはHuaweiから発売された、SIMフリーのスマートフォンです。2015年冬春モデルで、搭載されているOSはAndroid 5.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミスティークシャンパン、チタニウムグレー、ローズゴールドがあります。画面サイズは5.5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは75.3x149.8x7.2 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMフリー (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SIMフリーのHUAWEI Mate Sで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    ドコモ版HUAWEI(ファーウェイ)機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ドコモから発売されているHUAWEI(ファーウェイ)は1種類。特に最近の機種であれば、格安SIM(MVNO)を使える端末も多いでしょう。詳細は調査結果を確認してみて下さい。

    HUAWEI P20 Pro HW-01K

    docomo HUAWEI P20 Pro HW-01K

    HUAWEI P20 Pro HW-01KはHUAWEIから発売された、ドコモのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.1となっています。

    主なカラーバリエーションは、Midnight Blue、Blackがあります。画面サイズは6.1 インチ、解像度は2240x1080、本体の実サイズは74x155x9.5 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMロック解除可 (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「docomoのHUAWEI P20 Pro HW-01Kで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    au版HUAWEI(ファーウェイ)機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    auのHUAWEI(ファーウェイ)は2機種存在しています。VoLTE用SIMはSIMロック解除(SIMフリー化)のルールが発売日によって異なるため、乗り換え(MNP)する前に注意が必要です。

    HUAWEI P20 lite HWV32

    au HUAWEI P20 lite HWV32

    HUAWEI P20 lite HWV32はHUAWEIから発売された、auのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラックがあります。画面サイズは5.8 インチ、解像度は2280x1080、本体の実サイズは71x149x8.6 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMロック解除可 (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHUAWEI P20 lite HWV32で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI nova 2 HWV31

    au HUAWEI nova 2 HWV31

    HUAWEI nova 2 HWV31はHUAWEIから発売された、auのスマートフォンです。2018年春モデルで、搭載されているOSはAndroid 7.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、オーロラブルー、グラファイトブラック、ローズゴールドがあります。画面サイズは5 インチ、解像度は1920x1080、本体の実サイズは69x142x7.6 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMロック解除可 (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「auのHUAWEI nova 2 HWV31で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    ソフトバンク版HUAWEI(ファーウェイ)機種一覧(種類/型番)

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ソフトバンク系HUAWEI(ファーウェイ)は全2機種ですが、iOS系の端末を除き、多くのAndroid端末で格安SIM(MVNO)が利用できません。乗り換え(MNP)前に確認しましょう。

    HUAWEI nova lite 2

    SoftBank HUAWEI nova lite 2

    HUAWEI nova lite 2はHUAWEIから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ゴールド、ブルー、ブラックがあります。画面サイズは5.65 インチ、解像度は2160x1080、本体の実サイズは72.05x150.1x7.45 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMロック解除可 (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHUAWEI nova lite 2で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    HUAWEI Mate 10 Pro

    SoftBank HUAWEI Mate 10 Pro

    HUAWEI Mate 10 ProはHUAWEIから発売された、ソフトバンクのスマートフォンです。2018年夏モデルで、搭載されているOSはAndroid 8.0となっています。

    主なカラーバリエーションは、ミッドナイトブルー、チタニウムグレーがあります。画面サイズは6 インチ、解像度は2160x1080、本体の実サイズは74.5x154.2x7.9 mmです。

    なお、搭載されているSIMカードはSIMロック解除可 (nano-SIM)となります。

    このスマートフォンで格安SIM(MVNO)が使えるか?格安スマホとして利用できるかについては、「SoftBankのHUAWEI Mate 10 Proで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

    mineo(マイネオ)
    4.5
    LINEモバイル
    4.3
    UQモバイル(UQ mobile)
    4.2
    楽天モバイル
    4.1
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    3.9
    IIJmio(みおふぉん)
    3.8
    イオンモバイル
    3.8
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    通信速度

    高速バースト
    通信速度

    SB回線高速
    通信速度

    トップクラス
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    通信速度

    良好
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    1Mbps使い放題
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    上位3人かけ放題
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    \ 2019年7月おすすめキャンペーン /

    LINEモバイルは、この春、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    この春、新規にお申し込みされた方限定で、月額料金が3ヶ月間1,390円割引になるキャンペーンを実施中。期間中は、月々300円(税抜)から利用できます。

    格安SIMへ乗り換えを考えている人なら、試して後悔することはありません。

    【キャンペーン実施中!】SNS使い放題300円×3ヶ月間キャンペーン!

    【2019年7月】格安SIMキャンペーン情報

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。

    パッと読むための見出し