SIMロック解除とは?自分で確認・解除する方法や条件、デメリットも

SIMロック解除とは?自分で確認・解除する方法や条件、デメリットも
吉田あゆみ 吉田あゆみ
ざっくり言うと…
  • ほとんどのスマホはSIMロックされており、他社SIMカードが認識できない
  • SIMロック解除(SIMフリー化)すると、格安SIMなど全キャリアへ乗り換え可
  • SIMロック解除には条件があるので注意。アダプタやコードを使う方法も?
SIMロック解除とは?自分で確認・解除する方法や条件、デメリットも

SIMロック解除(SIMフリー化)って?SIMロックされているかの確認方法から、自分で解除する手順をドコモ・au・ソフトバンク別に解説!

教えて君教えて君

今使ってるスマホで格安SIMを使いたいんだけど「SIMロック解除」っていうのが必要みたい。これって何?

吉田あゆみ吉田あゆみ

docomoやau・ソフトバンクで買ったスマホには特殊なロックがされていて、最悪乗り換えできないことも…。

おそらくあなたは、

  • 「格安SIMに乗り換えたいんだけど、SIMロック解除って何なの?」
  • 「SIMロックされているか確認する方法や、自分で解除するには?」

などと考えて、このページにお越しいただいたと思います。

格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)しようと思っても「SIMロック解除してから」とか「SIMカードを挿し直し」など書いてあって、最初はよく分かりませんね。

しかし、実際は複雑なことじゃなくて、数分の作業だけで完了するんですよ!

そこで、今回はできるだけ簡単にSIMロック解除(SIMフリー化)についてお伝えし、デメリットや注意点・自分でSIMロック解除する手順などまとめます。

このページを読み終える頃には「意外とカンタンなんだな」と思うでしょう。

最終更新:2018年11月07日(水)

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    SIMロック解除(SIMフリー化)とは?

    教えて君教えて君

    そもそもSIMロックって何?SIMフリーって何?

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    携帯電話に詳しくないと、複雑な専門用語で混乱しますよね。そこで、SIMロックについて簡単にまとめます。

    ほとんどのスマホは「SIMロック版」

    まず、docomoやau・SoftBankで購入したスマートフォンには「SIMロック」がされており、他社の「SIMカード」が認識できないよう細工がされています。

    ちなみに、SIMカードはスマートフォンに挿入されています。携帯キャリアと契約したときに発行されており、主に契約者情報(電話番号)が記録されています。

    SIMカードとは?

    誰でもカンタンに抜き差しできますが、SIMロックされたスマホに他社回線のSIMカードを挿しても「契約者不明」となり、通話やネットが使えません。

    店頭で購入したスマホのほぼ全てが「SIMロック版」となっています。残念ですが、日本人の持っているスマホのほとんどは、SIMロック版といえるでしょう。

    SIMフリーとは?

    ちなみに「SIMフリー」はSIMロックの逆です。SIMカードを差し替えるだけで、格安SIM(MVNO)を含めた全キャリアが使えるようになります。

    格安スマホと呼ばれるスマートフォンは、すべてSIMフリーです。Apple ストアで購入したiPhoneなども「SIMフリー版」と呼ばれる機種です。

    SIMロックのまま格安SIMへ乗り換え

    SIMロックされているスマホでは、基本的に他社へ乗り換え(MNP)できません。

    ただ、格安SIMはドコモやau・ソフトバンクと一緒の回線を使っています。現在と同じ回線の格安SIMへ乗り換え(MNP)するなら、SIMロックのままでOKです。

    たとえば、今使っているスマホを「docomoショップで購入した」のであれば「ドコモ回線を使っている格安SIM(MVNO)」なら、SIMロックのままでOK。

    しかし、

    1. auやソフトバンク回線の格安SIMは少なく、あまり選択肢がない。
    2. SIMロックだと使えなかったり、テザリングが使えない機種もある。

    などのトラブルも多く、端末別・キャリア別でよく確認する必要があります。

    SIMロック解除(SIMフリー化)しMNP

    そこで登場したのが「SIMロック解除(SIMフリー化)」という手続きです。カンタンにいうと、「SIMロック」のスマホを「SIMフリー化」できるのです。

    SIMロック解除後は、格安SIMを含めた全キャリアに乗り換え(MNP)できます。

    SIMロック解除の方法はカンタンで、ドコモ・au・ソフトバンクの店舗で「SIMロックを解除してください」とお願いするか、Webから申し込みをするだけ。

    ただ、SIMロック解除にはいくつか条件があります。後ほど詳しく解説します。

    SIMロック解除してもデメリットなし

    ちなみに、SIMロック解除することでのデメリットは何もありません。機能が制限されるなどもなく、メルカリやヤフオクで売るときも、高値となります。

    しいていえば、店頭でSIMロック解除をお願いする場合に手数料が3000円ほどかかる点でしょうか。しかし、これもWebから自分で行えば無料になります。

    SIMロック解除(SIMフリー化)できるなら、やって後悔することはありません。

    SIMロック解除(SIMフリー化)の条件

    教えて君教えて君

    SIMロックのまま乗り換え(MNP)できるならいいけど、できるだけ「SIMロック解除」したほうが良いんだね。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    解約するときに店頭の人に伝えるだけですからね。ただし、SIMロック解除(SIMフリー化)には条件があります。

    2015年5月1日以降の機種であること

    2015年4月末以前のスマホはSIMロック解除できません。SIMロック解除が法律で義務付けされたのは、2015年5月1日以降に発売されたスマートフォンのみ。

    ただ、ドコモAndroidのほぼ全てと、SoftBankのBLADE Q+, 301F, 201HW, 009Z, 008Zに関しては、2015年4月末より前の端末でも解除できます。

    自分名義で購入した端末であること

    メルカリやヤフオクなどで入手した中古品(白ロム)の場合は、SIMロック解除できません。昔はauのみOKだったのですが、現在は手続きできない状態です。

    総務省がガイドラインを策定中のようですが、しばらくはこの条件でしょう。

    購入から100日以上経過していること

    分割払いで買ったスマートフォンは、購入日より100日以内はSIMロック解除できません。新品をすぐにSIMフリー化したくてもできませんので、要注意です。

    端末を一括払いで購入した場合は、100日未満でもSIMロック解除が可能です。

    手続きは解約後90日以内にすること

    解約後100日(ソフトバンクは90日)以上経過したスマホのSIMロックは解除できません。「昔のスマホでSIMロック解除したい」と考えていた場合は残念です。

    SIMロック解除は、できるだけ解約日にまとめて手続きしてしまいましょう。

    SIMロック解除する方法(キャリア別)

    教えて君教えて君

    自分は条件にあってるみたいだ!早速やってみよう。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    本当は、店舗へ行ってお願いするのが最も簡単ですが、今回は自分でSIMロック解除する方法を紹介しますね。

    ドコモのSIMロックを自分で解除する

    1. 端末の設定から、IMEI番号をメモ
      → iOSの場合、「設定>一般>情報>IMEI」でIMEI番号を確認。
      → Androidは「設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI」
    2. My docomo にログイン(スマホの場合はページ下部からPC版を表示)
    3. ドコモオンライン手続き>「SIMログイン解除」を選択する
    4. 機種を選択(iPhone/iPadもしくはAndroid)し、IMEI番号を入力する
    5. SIMロック解除を申し込む>「手続きを完了する」を選択する
    6. おめでとうございます!SIMロック解除ができました!

    auのSIMロックを自分で解除する方法

    1. 端末の設定から、IMEI番号をメモ
      → iOSの場合、「設定>一般>情報>IMEI」でIMEI番号を確認。
      → Androidは「設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI」
    2. My au にログインし、契約紹介手続き>「各種手続案内」を選択する
    3. SIMロック解除>SIMロック解除のお手続きはこちら>「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」判定結果が○なら「こちら」を選択
    4. 暗証番号を入力して「次へ」→SIMロック解除する端末のチェックボックスを選択し「次へ」→解除の理由「この内容で申し込む」を選択
    5. おめでとうございます!SIMロック解除ができました!

    ソフトバンクのSIMロック解除の方法

    1. 端末の設定から、IMEI番号をメモ
      → iOSの場合、「設定>一般>情報>IMEI」でIMEI番号を確認。
      → Androidは「設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI」
    2. My SoftBank にログインし、メニュー>「契約確認・変更」を選択
    3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」を選択し、IMEI番号を入力する
      (Androidは「解除キー」をメモし「SIMロック解除方法を見る」)
    4. おめでとうございます!SIMロック解除ができました!

    [まとめ] SIMロック解除後の流れは?

    教えて君教えて君

    なんとか、SIMロック解除(SIMフリー化)できたみたい!

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    これで、どんな格安SIMへも乗り換え(MNP)できますね!ただ、機種によってはトラブルも多いので要注意です。

    実は…使っている機種の発売日や、利用しているOS(iPhoneかAndroidか)、乗り換え先の格安SIMの相性によって、SIMカードが認識しないことがあります。

    テザリングをよく使っている人は、回線の種類にも注意してください。au系やソフトバンク系の格安SIMだと、条件によってはテザリングが利用できません。

    格安SIMの公式サイトにある、「動作確認端末」を見てみるのが1番確実です。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    LINEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.2
    楽天モバイル
    3.9
    BIGLOBEモバイル
    3.9
    OCNモバイルONE(NTT)
    IIJmio(みおふぉん)
    イオンモバイル
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    全キャリア対応
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    docomo/Softbank
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    au回線のみ
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    docomo回線のみ
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    docomo/au回線
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    docomo/au回線
    最低利用期間

    なし
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    6ヶ月
    最低利用期間

    12ヶ月
    最低利用期間

    なし
    顧客満足度

    顧客満足度1位
    顧客満足度

    LINE ID検索可
    顧客満足度

    通信速度No,1
    顧客満足度

    口座振替対応
    顧客満足度

    動画見放題
    顧客満足度

    低速モード最速
    顧客満足度

    安定性に定評
    顧客満足度

    最安値水準
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    公式サイトの情報を元に、動作確認済の機種情報をまとめたページもあります。格安SIMへ乗り換えた後で後悔しないために、一度チェックしてくださいね!

    全ての機種から格安SIMを探す

    また、上級者向けの質問にも答えましたので、興味があればご覧ください。

    SIMロック解除されているか確認方法

    まず携帯ショップで購入した端末なら、直接キャリアに問い合わせましょう。

    1. iPhone=「設定>一般>情報>IMEI」でIMEI番号を確認する
    2. Android=「設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI」

    表示された「IMEI番号」をメモし、docomo・au・ソフトバンクへ確認してみます。電話で問い合わせても良いですし、店頭へ行って聞くのも良いでしょう。

    しかし、本当にSIMロック解除されているか自分で確認する方法はありません。iPhoneやAndroidの設定では判断できないので、他社のSIMが必要になります。

    友人から貰ったスマートフォンや、中古で購入した白ロムの場合、「本当にSIMロック解除(SIMフリー化)されているのか?」と気になることも多いですよね。

    最安で1500円ほどかかりますが、コンビニで売っている「プリペイドSIM」を購入し、他社のSIMカードで電波を拾えるか、チェックできれば確実です。

    SIM下駄(アダプタ)・解除コードとは?

    まず「SIMロック解除アダプタ」は、主にiPhoneで使われる、SIMカードの情報を偽装してSIMフリー化してくれるトレーです。「SIM下駄」とも呼ばれます。

    SIMカード自体に取り付けて、そのままiPhone本体に差し込むだけでOKです。

    SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)

    ただ、iOSのアップデートで認識しなくなったり、接続が途切れるなど不安定なことも多く、SIMロック解除できない場合の最後の手段として使ってください。

    Androidの場合は「SIMロック解除コード(NCK)」の方が主流です。「ファクトリーアンロック」とも呼ばれ、とある隠しコードを入力することで解除します。

    このSIMロック解除コードは、中国人のハッカーなどに依頼したり、海外サイトやオークションサイト(ヤフオク・ebay等)の業者から購入するのが一般的です。

    こちらも非公式な手段ですから、実際に試すのは自己責任でお願いします。

    \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、この冬、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    11月16日まで申し込みされた方限定で、月額料金が半年977円割引になるキャンペーンを実施中です。期間中なら、月々333円(税抜)から利用できます。

    しかも、要件を満たせば自動的に適用となるため複雑な手続きも不要です。

    2018年9月からソフトバンク回線も正式サポート。3キャリア対応はここだけ!

    この冬に乗り換え(MNP)を検討している方におすすめです。ほかのキャンペーンは、【2018年11月】格安SIM(MVNO)キャンペーン比較情報をご覧ください。

    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得。
    おすすめ格安SIM診断は、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。


    キャリアのSIMロックがかかったiPhoneのSIMロックを解除するファクトリーアンロックサービス。Androidはroot化で対応。NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルでは、いずれもサポートサイトとキャリアショップでSIMロック解除を受け付けている。その場合は事務手数料3,000円。

    パッと読むための見出し

      \ 2018年11月おすすめキャンペーン /

      【2018年11月】おすすめ格安SIMキャンペーンmineo(マイネオ)公式へ