【格安SIM(MVNO)・格安スマホ】
乗り換え(MNP)方法の手順と注意点

大手キャリアから格安SIM(MVNO)への乗り換え(MNP)する方法は?違約金や解約タイミング、SIMロック解除の流れやメリット・デメリットなど!

教えて君教えて君

大手キャリアの携帯料金が高くて、最近話題の格安SIMとか格安スマホに乗り換え(MNP)しようと思ってるんだけど難しそうだよね…。手続きとか準備とか、やること多そうだし。

吉田あゆみ吉田あゆみ

私も最初は複雑そうだなと思ってましたけど、基本は大手キャリアのナンバーポータビリティ(MNP)と一緒でした。初期設定も慣れてしまえば数分で終わりますから、安心して下さい。

おそらくあなたは、

  • 「携帯料金が料金が高くて、最近話題の格安SIMに乗り換えたい!」
  • 「店頭サポートやショップが無いから、一人で設定できるのか不安」

などと考えて、このページにお越しいただいたと思います。

確かに、格安SIM(MVNO)への乗り換えは自分で初期設定など行う必要があるため、具体的な方法や手順などは自分で調べて行う必要があります。そのため面倒くさいと思って後回しにしてしまったり、諦めている方も多いのではないでしょうか。

ところが、特に難しい手続きはありません。実際にやることは大きく3つだけです。

  1. MNP予約番号を入手する(解約する)
  2. 格安SIMを契約しSIMカードを入手
  3. SIMカードを挿してAPN設定を行う
教えて君教えて君

なるほど。意外と簡単そうだね。

そんなあなたへ、格安SIMへの乗り換え(MNP)を行う際の注意点や、具体的な手順などの方法を分かりやすく解説します。この記事が読み終わる頃には、「意外と簡単に格安SIMへ乗り換え(MNP)できた!」ということを実感できるでしょう。

パッと読むための見出し [閉じる]

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    ちなみに目次は「画面の右上へスクロール」で、「画面の右下」から、
    いつでも確認できます! パッと読みたい人向け。

    格安SIMへ乗り換える前の事前準備

    まずは、格安SIMに乗り換えるために事前準備が必要なものを見ていきましょう。

    クレジットカード(持っている場合)

    デビットカードや口座振替に対応している格安SIM(MVNO)も存在しますが、ほとんどはクレジットカードでの決済のみとなります。可能であればクレジットカードを用意しておき、それが厳しければデビットカードか銀行口座を準備しておきましょう。

    身分証明書(免許証や健康保険証など)

    格安SIM(MVNO)はWebでの申し込みが前提なので、免許証や健康保険証・住民票やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。こちらも準備しておきましょう。

    メールアドレスの変更をお知らせ

    最近は少ないと思いますが、格安SIMでは今まで使っていたキャリアメールが使えなくなります(@docono.ne.jp、 @ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)。そのため事前にGmailなどのフリーメールを準備しておき、知らせておきましょう。

    フリーメールは迷惑メール扱いとしている人も多いので、事前に連絡しておくことで、拒否設定の解除や新しいアドレスを知らせることもできるでしょう。

    LINEアカウント(ラインID)引き継ぎ

    これは新しい格安スマホなどを購入して乗り換え(MNP)する場合のみですが、LINEアカウントの引き継ぎをしないと、会話履歴も含め情報が消えてしまいます。

    うっかり消してしまう人も多いので、必ず乗り換え前の端末で引き継ぎしましょう。

    電話帳などデータ移行(バックアップ)

    これも新しい格安スマホなどを購入した場合の作業ですが、新しいスマホへ電話帳などのデータを移行したり、写真などをバックアップする必要がありますね。

    格安SIMへ乗り換え(MNP)した後でも大丈夫ですが、忘れないようにしましょう。

    格安SIMへ乗り換えする費用(料金)

    続いて、格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)時にかかる費用も見ておきましょう。

    SIMカード代金3,000円(契約手数料)

    キャンペーンなどのタイミングによっては不要のところも多いですが、ほとんどの格安SIMでは、初期費用の形でSIMカード発行手数料が3,000円ほどかかります。

    MNP転出手数料2,000~3,000円

    現在契約中の携帯キャリアに支払うMNP手数料となります。必ず必要になるでしょう。docomo(ドコモ)は2,000円、auとSoftBank(ソフトバンク)は3,000円です。

    違約金9,500円(解約タイミング次第)

    いわゆる2年縛りによる契約解除料です。更新月以外に携帯キャリアを解約しようとした場合、この違約金が発生することになるでしょう。もし端末料金を分割で支払っている場合は、こちらの未払い分も請求されることでしょう。結構高額ですよね…。

    では、解約月までは乗り換えないほうが良いのでしょうか?実はそんなことはなく、できるだけ早く乗り換え(MNP)した方が、ほとんどの場合でお得になるんです。わざわざ更新月まで待っている方が損するんですよね。詳しくは次で解説します。

    格安SIMへ乗り換え(MNP)タイミング

    私もそうでしたが、格安SIM(MVNO)へいつ乗り換えるべきか悩む方も多いと思います。ここでは私の実体験も元に、ベストな乗り換えタイミングを解説しますね。

    年間64,392円も損!乗り換えは早く

    契約更新月の事情で、格安SIMへの乗り換え時期を遅らせる方も多いですが、

    ほとんどの場合、2年縛りの違約金(解約清算金)を支払って乗り換え(MNP)してもお得になります。

    私のケースでは、携帯料金が月々7,349円→2,163円になり、毎月5,186円の節約になりました。格安SIMへ乗り換えないと、2ヶ月で10,372円、1年間で64,392円も損することになります。人によってはそれ以上に損していることになるでしょう。

    「解約月が来月である」というケース以外は、早めに乗り換え(MNP)すべきです。

    最適な乗り換え時期は、月末にMNP

    では今月乗り換えよう!と思っても、何日に乗り換え(MNP)するのが良いか悩む方も多いと思います。これについては答えが出ていて、月末解約が一番お得です。

    月初に乗り換え(MNP)した場合、パケホーダイなどのオプション料金が日割り計算にならないため、6,000円〜7,000円ほど無駄な料金が発生してしまいます。

    格安SIM(MVNO)の月額料金は2,000円〜3,000円程度。日割り計算だと数百円です。そのため締め日に乗り換え(MNP)することが最も損をしない形になるでしょう。

    ただソフトバンクに関しては、ユーザーによって10日締め、20日締め、30日締めと種類がありますので、できるだけ締め日に近い日に解約することが理想です。

    1週間前ぐらいにはMNP(解約)しよう

    ただし、MNPの準備や審査、SIMカードの発送やAPN設定など、慣れていないと時間がかかったり、トラブルで遅れてしまうこともあります。特に繁忙期はSIMカードの到着が遅れることもあるので、遅くとも1週間前には手続きを進めておきましょう。

    私の場合は中旬〜あたりで解約手続きを行ったので、余裕を持って対応できました。具体的にどのような手順や方法で格安SIMへ乗り換えするかは、次から説明します。

    格安SIMへ乗り換える手順(方法)3つ

    格安SIM(MVNO)への乗り換え(MVNO)にあたり、最適やタイミングや費用、事前に必要な準備などの前提条件が分かったところで、実際の手順を解説していきます。

    MNP予約番号を入手する(解約する)

    まずは、自分の携帯番号をそのまま使って格安SIM(MVNO)へ乗り換え(MNP)したい方が多いと思いますので、お使いのキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のショップへ行くか電話をして、MNP予約番号というものを手に入れましょう。

    これで大手キャリアから格安SIM(MVNO)へ、電話番号を変更することなく移行できます。MNP予約番号を発行することは、事実上の解約のようなものなので慎重に!

    また、利用している端末によっては、SIMロック解除(SIMフリー化)という手続きが必要になることもあります。自分が使っているスマホやタブレットがSIMロック解除が必要か分からない方は、乗り換え(MNP)可能端末から検索してみて下さい。

    全ての乗り換え(MNP)端末から検索

    店頭へ行って手続きを行うことが一般的ですが、案外待ち時間が多いので、私としては電話での手続きをおすすめします(受付は9:00〜20:00までとなっています)。

    注意点として、MNP予約番号は有効期限があります。MNP予約番号を発行した当日中、遅くとも翌日中には以下の「格安SIMへ申し込む」手順を行って下さいね。

    格安SIMを契約しSIMカードを入手

    続いて、格安SIM(MVNO)を契約します。格安SIMはいくつかありますが、おすすめなのはmineo(マイネオ)です。実際に私も利用していますが後悔していません。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    楽天モバイル
    4.6
    LINEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.4
    IIJmio(みおふぉん)
    4.3
    BIGLOBEモバイル(ビッグローブ)
    4.2
    OCNモバイルONE(NTT)
    4.1
    イオンモバイル
    4.1
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    最低利用期間
    なし
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    6ヶ月
    最低利用期間
    なし
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

    どの格安SIM(MVNO)に乗り換えようか悩んでいる方は、おすすめ格安SIM人気ランキングや格安SIM比較診断を用意していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

    自分が使っているスマホやタブレットで格安SIMが使えるのか分からない方は、乗り換え(MNP)可能端末の機種情報をまとめて記事にしています。検索してみて下さい。

    全ての乗り換え(MNP)端末から検索

    SIMカードを挿してAPN設定を行う

    格安SIMへの申し込みが完了したら、3日から一週間程度でSIMカードが到着しますので、SIMカードを手持ちの端末に挿してネットワーク設定を行いましょう。

    SIMカードを挿す

    iPhoneの場合、側面の小さい穴があると思いますので、最初からiPhoneの箱に入っていた「SIM取り出しツール」を差し込んで下さい。トレイが開くはずです。もし見つからなければ、クリップなどの先が小さいもので代用できます。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    少し力を入れないと出てこないので、勇気を持ちましょう…w

    トレイが開いたら、SIMカードを入れ替えて下さい。次はAPN設定というネットワーク初期設定を行います。SIMカードが送られてきた際に取扱説明書も同梱されていると思いますので、こちらに沿って作業を進めてもらえれば問題ありません。

    楽天モバイル公式で、OS別にAPN設定を動画にされていましたのでご覧下さい。

    iPhoneのAPN設定方法

    1. ブラウザ画面(Safari)から格安SIMの公式サイトを開く
    2. 自分の機種のプロファイルをインストールする
    3. 「インストール完了」が表示されたら完了です!

    AndroidのAPN設定方法

    1. 「設定」のアプリを開き「その他の設定」を開く
    2. 「モバイルネットワーク」を選択して「高度な設定」を開く
    3. 「CPA設定」を開いて、必要項目を書き込む(取説に記載済)

    [注意点]格安SIMによって方法が違う

    格安SIMに乗り換え(MNP)を行う際に必ず必要となる手順をまとめましたが、SIMカードを抜くタイミングやAPN設定を行うタイミングなど細かい流れは、格安SIMによって多少異なります。事前に電話連絡やWebでの設定が必要なケースもあります。

    どれも複雑な手続きではありませんが、付属の取説を読みながら進めてくださいね。


    今、格安SIMに乗り換えないと年間 64,392 円 も損!

    ほとんどの場合、2年縛りの解約清算金を支払って乗り換えてもお得です。
    おすすめ格安SIM診断では、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。

    \ 2017年12月おすすめキャンペーン /

    格安SIM(MVNO)キャンペーン情報

    mineo(マイネオ)は、この冬、キャンペーンに特に力を入れている格安SIMです。

    1月18日まで申し込みされた方限定で、月額料金が半年900円割引になるキャンペーンを実施中です。月々410円(税抜)から利用できますし、最低利用期間などの条件もありません。自動的に適用となるため複雑な手続きも不要です。

    吉田あゆみ吉田あゆみ

    mineo(マイネオ)は、当サイト経由の契約者数も3倍に増えており、この冬のキャンペーンに注目が集まっていますね!

    この冬に乗り換え(MNP)を検討している方におすすめです。他のキャンペーンも知りたい方は、【2017年12月】格安SIM(MVNO)キャンペーン比較情報をご覧ください。

    mineo(マイネオ)
    4.8
    楽天モバイル
    4.6
    LINEモバイル
    4.5
    UQモバイル
    4.4
    IIJmio(みおふぉん)
    4.3
    BIGLOBEモバイル(ビッグローブ)
    4.2
    OCNモバイルONE(NTT)
    4.1
    イオンモバイル
    4.1
    月額
    1,510
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3.1GB〜/税別)
    月額
    1,690
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,680
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,600
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,800
    (3GB〜/税別)
    月額
    1,580
    (4GB〜/税別)
    最低利用期間
    なし
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    12ヶ月
    最低利用期間
    6ヶ月
    最低利用期間
    なし
    公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
    パッと読むための見出し

      \ 2017年12月おすすめキャンペーン /

      【2017年12月】おすすめ格安SIMキャンペーンキャンペーンの詳細はこちら